【悲報】エネイブルさん、つけられる種牡馬がいない……

【CBC賞2020予想】重巧者グランドロワ、一気押し切りを期待!

CBC賞2020予想

ももいろクローバーZが6月25日、緊急事態宣言が発令されて以降、また結成13年目として初めてのライブを開催した。

今年2月8日、9日のバレンタインイベント以来、実に136日ぶり。これだけの間隔があいたのはグループとしても最長期間だったとのことだ。

もちろん無観客で行われ、ライブの模様はGYAOで生配信。観たい人はオンラインでチケットを買う、いわゆるペイパービューみたいな感じですね。

また、ライブは2部構成となっており、第1部は3月に予定していたソロコンサートが中止になってしまった高城れにちゃん(紫)が、改めて配信という形でソロコンを実施。第2部はお待ちかねの、ももクロのライブだ。

また、第1部、第2部の間には妹グループの1つであるアメフラっシのミニライブもあったので、スターダストプラネットDDとしては、実質3部構成のようなもの。だから、これでチケット代3900円はむしろお買い得感満載である。

現場に行くことはまだできないですが、やっぱり、ももクロちゃんのライブっていいよね!

そんな感想しか出てこなかった全編通しての3時間あまり。ただ単にライブを配信するだけじゃなく、ZOOMでファンとつないだり、そのZOOM参加のファンといっしょにペンライトを使った演出をやってみたりと、とにかくファンを楽しませようとする変わらない姿勢のももクロちゃんと運営スタッフには感謝しかないですよ。

また、それとは別に、今までは現場での高揚感とか、周りのファンの歓声とかであまり気にしていなかった、気にならなかったことなのですが、無観客ライブの配信だと、シーンとした中での曲と曲の間のフォーメーション移動とか、そこに至る各メンバーの動きとか、そういったところまでじっくり見てしまう。なんだか新しい発見というか気づきが得られたような感じがして、こういった形のライブ観戦も悪くないな、と思ったのでした。

来週の日曜、7月12日にはあーりんこと佐々木彩夏ちゃん(ピンク)が、同じく中止となったソロコンの代替イベントをGYAOで生配信することが決定。これまた楽しみですねぇ。

昨日のYouTubeライブでは、配信ならではのことをやってみたいと言っていましたし、これをモチベーションに来週の1週間を生きていこうと思います!

第56回GⅢCBC賞 予想と見解

まあ、こんな感じで僕の生きるモチベーションのほとんどはももクロちゃんですが、もちろん、競馬も毎週楽しみにしていますよ!(とってつけた感)

今週の注目レースと言えば、なんといってもディアドラ、エネイブル、ジャパン、マジックワンドらが出走するエクリプスS。この超強力メンバー相手に、我らが日本代表のディアドラがどのような走りを見せてくれるのか、予想とか馬券なしでも楽しみですよね。

一方、馬券&予想勝負でピックアップしたい今週の日本の重賞レースはCBC賞

前走の高松宮記念でスプリント戦への高い適性を見せたクリノガウディーですが、やっぱり戦績通り、いまいちアテにできるタイプではないような……。もしここでも勝ち負けになるようなら、これはもうスプリンターとして開花したと見ていいのだと思います。でも、僕はまだ怪しいと見て、対抗にとどめておこうと思います。

本命はグランドロワ

この週末は日曜も引き続き全国的に雨模様で、馬場の回復は見込めなさそう。そこで浮上するのが、このグランドロワというわけです。

4走前の大阪城Sでは今回と同じ阪神1200m戦を重馬場で快勝。良馬場では未勝利なのに対して、稍重~不良での戦績は[5・2・3・4]という道悪巧者なのです。

加えて、前に行きたい同馬にとって、強力な同型は見当たらず、またスッと先手を取りやすい2枠4番も好都合。クリノガウディーで悔しい思いをした和田騎手には、ここでズバッと決めてもらいたいですね。

CBC賞の予想と買い目

◎④グランドロワ

○⑦クリノガウディー

▲⑪アウィルアウェイ

△⑨タイセイアベニール

△⑬ミッキースピリット

穴⑯ジョイフィル

馬単④⇔⑦⑪⑨⑬⑯

3連複④-⑦⑪⑨⑬⑯

AT
AT

これで決まりだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です