【悲報】エネイブルさん、つけられる種牡馬がいない……

【エルムステークス2020予想】実力・実績ともに上位◎ロードゴラッソ、このオッズは美味しいぞ!

エルムステークス2020予想

先週の日曜、8月2日にももいろクローバーZのライブが開催されました。

夏の大型ライブは毎年恒例で、今年も西武ドームで開催される予定だったんですけど、折からの新型コロナウイルス拡大により、有観客を断念。その代り、Abemaでのネット生中継となったわけですね。

まあ、いちファンとしては現場に行くことができなくて、ただただ残念だったわけですけど、そんな制限された環境の中、ももクロ運営が一番苦しいはずなのに、それでも今できる最高のパフォーマンスとエンターテインメントを届けてくれたことに感謝しかありませんよ。

いやあ、マジで面白かったです。

中継だからこそできる仕掛けも盛りだくさんでしたし、メンバーも演出側も無観客をいいことにやりたい放題。これはこれでももクロはwithコロナ時代の新しいライブ観戦エンタメを今後確立していくのではないかという期待感でいっぱいになりました。

AT
AT

やっぱ、ももクロだよなぁ~

ちなみに、今回の夏ライブは8月29日からAbemaで見逃し配信がスタートするので、ももクロってどんなコンサートしてるんだろ?って、ちょっとでも興味がある人はぜひチェックしてみてください。

ももクロ夏のバカ騒ぎ2020 配信先からこんにちは【完全版】

かわいいし、面白いし、なんだかよく分からないけど笑顔になれます。で、見終わった後には、

ももクロっていいよね!

という感想になるはずですから。

第25回GⅢエルムステークス 予想と見解

でも、やっぱり「現場が一番」という思いは変わらないですよ。その“場”でしか感じられない熱とか空気とかあって、それは家では絶対に味わえないものですから。

それは競馬も同じ。

ただ、今日発表されたようにJRAもこの新型コロナ感染拡大を受けて、8月15日から新潟競馬場で再開する予定だった観客の入場が取りやめとなってしまいました。

これはもう仕方ないですよね。万が一、競馬がクラスターの場となってしまってはこれまでの努力が水の泡となってしまいます。

ももクロちゃん同様、競馬においてもここは我慢の時です。

それでも馬券の楽しみは現場でも自宅でも変わらないのが競馬のいいところ。今週は札幌のエルムステークスで勝負です。

本命はズバリ、ロードゴラッソ

今回は4カ月ぶりの休み明けで、前走のアンタレスSが8着だったからか人気していないですが、2走前の名古屋大賞典、昨秋のシリウスSと重賞2勝の実績。昨年暮れのハイレベルメンバーだった東京大賞典でも5着に入っており、その実力はここに入っても上位の1頭でしょう。

ひと息入れたことで馬がリフレッシュしたでしょうし、中間のニュースを見ると、陣営からもかなり前向きなコメントが出ています。仕上がりはバッチリと見ていいはず。

また、ロードゴラッソ自身は初の札幌となりますが、地方交流重賞で実績がありますし、函館1700mのリステッドレース大沼Sでも2着。小回りは苦にしません。まともに実力発揮できれば、まず勝ち負けになるでしょう。

実力、実績の割にめちゃくちゃ美味しいオッズのここが狙い目なのです!

エルムSの予想と買い目

◎⑨ロードゴラッソ

○⑬タイムフライヤー

▲②エアスピネル

△⑧ウェスタールンド

△⑪アルクトス

穴⑩アナザートゥルース

馬単⑨⇔⑬②⑧⑪⑩

3連複⑨-⑬②⑧⑪⑩

AT
AT

悪魔と相乗りする勇気、あるかな?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です