噂の爆売れゲーミングソファ座椅子を買って使ってみた

1日1ターンしか仕事できない社内ニート

社内ニート

僕のことだ。

ニートになると1日に1つの行動しかできなくなることを揶揄して「1日1ターン」とかネット界隈で言われている。

つまり、仕事・バイトをしようと思い立っても、履歴書を買う(1日)→履歴書を書く(1日)→郵便に出す(1日)――と、このように1日に1つの行動が限界で、いっぺんに複数の行動ができなくなるらしい。ニートは日頃ダラダラできるし、何かしなきゃいけない責任もないし、動かなくなるから体力も減るしで、まあ、そうなりますよね。

でも、この「1日1ターン行動」は、何もニートだけの特性ではなかった。社内ニートにも十分に当てはまる行動だったのだ……と最近、特に思うようになった。

現役社内ニートの僕が言うんだから、間違いない!

ここでは僕がいかにして社内ニートになったかを告白するのはまた別の機会に譲るとして、なぜ社内ニートも1日に1つの仕事しかできなくなるのか、具体的な例を挙げてみましょう。

以下、昨日1月21日(木)の僕の1日の行動をまとめてみた。


AM10:40 起床

AM11:00 仕事開始のメールを出す。続けてメールチェックをするが、9割9分、僕に関係するメールはない(と思い込んでいる)ので、だいたい件名を見ただけで中身はほとんど見ない。それによって大事な社内メールまでもスルーすることがたびたびあるけれど、結局は社内のことなので大概はどうとでもなる。

AM11:30 テレ東『昼サテ』の曽根純恵さんの優しい声とお顔に癒される(でも株式とか経済のことは全く分からない)

PM12:00 テレ東『昼めし旅』を見ながら、「農業やるのも悪くないな……」とぼんやり考える。

PM13:30 お昼ご飯を食べながらテレ東・午後のロードショー『トランスポーター2』を最後まで鑑賞。やっぱりジェイソン・ステイサムはカッコいい。

PM16:00 Zoomでのミーティング。といっても参加するだけ。話はほとんど聞いていない。

PM17:00 ここで急に、上司から以前言われていた調べものがあったことを思い出す。特に期限はないけど、ある日突然「あの件だけど……」と言われたら困るので、この時間になって初めて仕事らしきことに手を付ける。でも1時間も経たないうちに飽きる。

PM18:00 末端が冷えるタイプの僕はここ数日の寒さがさすがに堪えてきたので「靴下 暖かい メンズ」で検索。仕事が終わったらドラッグストアに行って裏起毛の靴下を買おうと決心する。

PM18:30 続けてBTOパソコンメーカーのサイトも巡回するが、やっぱりRTX3080搭載のパソコンは売ってなくガックリ。ヌルヌル環境の『サイバーパンク2077』ができる日はいつになるのか……

PM19:30 TOKYO MXで『ハートキャッチ プリキュア!』の再放送(カンフー回)を視聴。相変わらずキュアマリンは可愛い。エンディングのダンスも上半身だけフリコピする。

PM20:00 日報をメールで出して終業。


どうだ。

パッと見、すごくスケジュールが詰まっていて、密度の濃い仕事をしているように感じるが、実働時間は1時間弱。我ながらヒドイ。

もともと“今日できることは明日やる”タイプの僕だったけど、テレワークが基本の働き方になって以降、ますます症状が悪化したように思う。

理由はもちろん明らかだ。

ただでさえ新型コロナウイルス以前からロクに仕事がない立場だったし、かと言って「企画考えてきました!」「この仕事やってみたいと思います!」と自分から熱く語るような積極性も意欲もない。兵藤会長が言うところの指示待ち人間の典型が僕だ。

加えてコロナ禍で仕事がさらに少なくなっているうえに、自宅での作業だから普段ダラダラ、ゴロゴロしている生活環境からの延長線。そもそも今の会社の仕事が面白いとも全く思えず「よし、仕事をしよう!」という意欲が湧くわけがないでしょうが!

だからもう、「1日1つの仕事」をするだけで気力・体力ともに限界。さながら晩年の千代の富士である。

一方で、社内の人間に向けて「何かしら仕事をしている」イメージを抱かせなければならない。社内ニートとしての嗜みだ。

そこで僕は、その日珍しく2つの仕事があったとしたら、2日に分けてするようにしている。例え1つの仕事が1時間程度で終わったとしても、だ。2ついっぺんにやっちゃうと、次の日の日報に書くことがなくなってしまいますからね。

それによって、例え「アイツ、こんな仕事するのに丸1日もかかっているのか(使えないヤツだ)」と思われる分には、今後責任ある大きな仕事を任されなくなるので、僕にとってはむしろ好都合だったりする。社内ニートがますます捗るわけですから。

そうした戦略的な側面から、なるべく1日に1つの仕事しかしないように調整していたら、このペースが身に染みちゃって結局、気力・体力的にも1日に1つの仕事しかできないカラダになってしまった、というわけです。

ゲーム的に例えれば、行動ポイントが1日に1しか溜まらない感じだ。

堕落はとことん人を奈落に突き落としますね

会社はいつ辞めてもいいと思っているんだけど、いちおう正社員の身でありながらこの有様。ニート、もしくは無職になったらどうなるんだろう……社会復帰できずホームレスになってしまうんじゃないかと、最近は割とリアルに想像できてしまうのが怖い。

なので、最近は心を入れ替えて「1日2ターン行動」を目指す……のではなくて、なるべくお金を使わない生活を心がけようと思っているわけです。

まあ、こんな僕でもお給料出してくれる会社には感謝していますよ。

本当は馬券だけで生活できれば最高なんだけど、悲しいかな、僕にはカイジのようにギャンブルに身を沈める度胸がないのだ。

AT
AT

あーあ、手っ取り早くBIGで6億円当たってくれねーかなー。毎回1口しか買ってないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です