噂の爆売れゲーミングソファ座椅子を買って使ってみた

健康診断の結果、僕は「脂質異常症」だった

脂質異常症

年明けに受けた健康診断の結果が届いた。

どうやら僕は「脂質異常症」らしい。

確か去年も診断結果にそのような文字が記載されてはいたのだけど、まあ、気のせいでしょ、と見なかったことにしていた。

そしたら今年もしっかりと「脂質異常症」と書いてある。これはもう気のせいでもなんでもなく、事実なんだろう(当たり前だ)

で、この脂質異常症。

「異常」ってんだから、相当ヤバいアレなのか? と今さらながらにビビったのだけど、要するに血液中の脂質が基準値よりも多いことを言うらしい。放っておくと動脈硬化が進行し、果てには心筋梗塞、脳梗塞を引き起こすとのことだ。

とはいえ、脂質異常症だからと言って、今日、明日死ぬようなものではない。

だけど、「あなたは異常です」とハッキリ言ってくれることで、「そうか、俺は異常なんだ」と自覚できる。そう、僕は人として正常ではなく、これを書いている今も異常者なんです

そして、そうやってビビらせてくれるから、その先に待っている真に恐ろしい大病にかかる前に予防をしようという気にもなる。だから、一見してキツイ言葉に見える「異常」は、実は思いやりを持ったやさしい言葉なのだ。

ちなみに僕の場合、どの辺が異常かと言うと、中性脂肪は基準値に収まっているのだけど、LDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が柵越えどころか場外弾並みに基準値をオーバーしている。

一方で、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)は基準値にあるものの、去年より数値が減っている。

さらに付け加えるなら、AST、ALT、γ-GTPなど、肝臓に関わる数値も軒並み上昇して、基準値スレスレのところまで来てしまった。要するに脂肪肝の予備軍といったところだろう。

これはいけない。

これらの数値結果とこの1年の生活を振り返るに、極度の運動不足とむちゃくちゃな食生活が原因であることは明らかだ。

もともと運動と言えば、会社と自宅の往復ぐらいのものだった僕が、コロナ禍によるテレワークでさらに動かなくなった。一歩も外に出ない日だって珍しくない。こりゃ運動不足なんてもんじゃないですね。

一方の食生活も、コロナ以前は、せめてランチぐらいは……と社食でなるべく健康的なものを食べていたんだけど、この1年は外に出るのも面倒だからと、カップもしくは袋のインスタント麺は当たり前で、なんだったらポテチだけで済ませていた日も割とある。夜は当然コンビニ弁当だ。

これで体にいいわけがない!

なので、僕はついに心を入れ替えました

脂質異常症が今日、明日どうにかなるものではないとはいえ、1年も放置していたのは事実。この1年で僕の体はさらに悪くなったことだろう。つまり動脈硬化は間違いなく進んだはずだ。でも、まだ手遅れではない(と信じたい)。

だから、まずは運動不足解消のために仕事終わりの散歩、そしてスクワットを日課とすることにした。かの黒柳徹子さんも、ジャイアント馬場さんから教わったスクワットを1日も欠かさずやっているから、あれだけ健康で、肉をバクバク食べられるそうだ。

そして食生活については、これまでの「とりあえず唐揚げ」生活からは足を洗い、魚、野菜、果物を多く採りいれようと思う。健康診断の日に受診した内科検診でお医者さんも「魚だったらいくら食べてもいいから」と言っていた。

幸い、僕は魚も野菜も好きなんだけど、大きな問題が1つある。それは値段がお高いんですよねぇ……。特に米国なんかでは貧困層ほど肥満体が多いと聞くけど、健康的な食生活を送ろうと思ったら、とにかく金がかかる

久しぶりにスーパーでじっくり値段を見比べて愕然とした。

僕もできれば新鮮な野菜、果物、お魚を食べたい、ああ、貧乏が憎い。お刺身食べたかったなぁ。

まあ、そんな感じで食事に関しては出鼻をくじかれてしまったので、とりあえず今日は男梅チューハイを飲みながら柿ピーでシメるとして、明日から庶民の味方のサバ缶生活を始めるとしますよ。

AT
AT

でもサバ、サンマ、イワシとかのお魚系缶詰も、去年より明らかに高くなってますよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です