噂の爆売れゲーミングソファ座椅子を買って使ってみた

【フェブラリーS2021予想】◎サンライズノヴァ、相手・条件ともにチャンス大!

フェブラリーステークス2021予想

トレセン関係者による持続化給付金の不正受給の疑いという、競馬界にとっては全く嬉しくないニュースが世間を騒がせた1週間でしたね。

まあ、ほとんど世間は東京2020組織委員会会長で持ちきりだったと思いますが、競馬ファンにとってはこっちの方が大問題ですよ。

JRAは昨年、新型コロナウイルス禍においても1日も開催を取りやめることなく、アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトらスターホースが躍動。大いに盛り上がった結果、競馬場への入場が制限されているにも関わらず、2020年の総売り上げが前年比103.5%の2兆9834億5587万2000円となった。

9年連続の前年比アップとのことです。

まともにスポーツイベントが開催できない中、こうして盛り上がっている競馬熱に冷や水をかける今回の“事件”。本当にたまったものではない。

「なんかクリーンさをアピールしてたけど、結局、競馬関係者って汚い奴らばっかり」

世間からそう思われてしまうのが一番痛い。

競馬はスポーツだドラマだと綺麗ごとを言っても、つまるところギャンブルでしょ?と思う人は多い。だからイメージはとても大事なんだけど、これまで善良な競馬関係者がコツコツと積み上げてきた競馬に対する良いイメージが、今回の件で一気にガラガラと崩れる可能性だって当然ある。

報道によると、この件には“黒幕”の税理士がいるらしい。その人はGI馬を持つような馬主でもあり、競馬ファンなら「ああ、あの人か」とすぐにピンと来るくらいの有名オーナーだ。

その人物は「不正はない」と反論しているようだし、屁理屈を言えばそうなのかもしれない。でも、道義的には完全にアウトですよね。

それに本当にトレセン関係者(調教助手、厩務員)のためを思って指南したとしたなら、なぜ成功報酬を受け取るのですかね?

日本調教師会が「新型コロナによる影響はほぼ皆無」と声明を発表しているように、助手・厩務員の収入が前年に比べて下がったのだとしたら、それは担当馬の成績が悪かっただけ。言い訳のしようなんてあるはずがない。

性善説に立つなら、とにかく税金やらなんやらお金の問題はややこしくてわけが分からない点も多いですから、「有名なあの馬主が言うんだったらOKだろう」と深く考えずに受給した助手・厩務員もいると思う。

だとしても、そんな口車にほいほいと乗ってしまう意識の低さには、やっぱりガッカリしてしまうのだ。

まあ、このあたりはJRAの指導とかがしっかりあれば事前に防げたかもしれないですよね。ジョッキーに関しては騎手会から「もらうな」と通達が来ていたらしいですし。

お客様は神様と言う気はないですけど、競馬はファンが馬券を買ってくれるから成り立っている興行。そうしたファンを裏切るような行為は絶対にやめてほしい。

本当に、今回のニュースは悲しくなりましたよ。

第38回GⅠフェブラリーステークス 予想と見解

せっかく、今年最初のGIで盛り上がるはずの1週間だったのに、なんだかなぁって気分。そんなドンヨリとした空気を吹き飛ばすくらいの、熱い砂上の激戦を期待してフェブラリーSの本命はサンライズノヴァ

確か去年も◎にして3着だったけど、昨年よりもメンバーが落ちている気がする今回。当然のようにチャンス大というわけです。

東京マイルでの強さは言うに及ばず、昨シーズンはフェブラリーS3着以降もプロキオンS、武蔵野Sと重賞を2つ制覇。力の衰えは全く感じさせません。

まあ、これまでのJRA・GI実績を考えれば、今回も精いっぱい追い込んで結局3着、みたいなイメージがどうしても浮かんでしまうのですが、そんな僕の想像を超える末脚を見せてください!

フェブラリーSの予想と買い目

◎⑨サンライズノヴァ

○②インティ

▲③カフェファラオ

△⑧ワイドファラオ

△⑦ワンダーリーデル

穴⑩エアスピネル

馬単⑨⇔②③⑧⑦⑩

3連単⑨→②③⑧⑦⑩

AT
AT

さあ、振り切るぜ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です