噂の爆売れゲーミングソファ座椅子を買って使ってみた

【フローラステークス2022回顧】TRとしては100点の勝ち内容、エリカヴィータはオークスでも期待大!

フローラステークス2022回顧

東京2000mで行われたオークストライアル、フローラステークスは田辺裕信騎手が騎乗した5番人気エリカヴィータが優勝。見事にオークスの優先出走権を手にしました。エリカヴィータ号、田辺騎手、国枝調教師と厩舎スタッフ、牧場スタッフ、オーナーはじめ関係者の皆さま、本当におめでとうございました!

本来の能力を出し切れば今回くらいの走りは当然だったか

レースは何も言うことがないくらい、好位からの完璧な競馬でした。

序盤はパーソナルハイが内枠から逃げる意思を見せたものの、入りの1ハロンがかなり遅く、同じく好発を切ったマイシンフォニー、ルージュスティリア、さらには外からシンシアウィッシュが行きたがる素振りを見せる中、エリカヴィータは鞍上との折り合いがガッチリとかみ合う4番手のインを追走。このスムーズな運びが最後の伸び、ひと押しにつながったのではないかと思います。

いや、もともと新馬戦を1番人気で快勝し、続く重賞フェアリーステークスでも2番人気に支持されていた名門・国枝厩舎期待の素質馬。そのフェアリーSでは10着に大敗したために今回は評価を落としていましたが、あのレースは大きな不利があって競馬にならなかった。伯父にGI馬キンシャサノキセキを持つ血統からしても、本来の能力を出し切れば今回くらいの走りは当然なのかもしれないですね。

また、今回は何の不利もない、きれいな形のレースができたかというと実はそうでもなく、特に最後の直線は内・外2頭の間に挟まれる形で抜け出すスペースが十分に確保されていたわけではない。にも関わらず、その1頭分くらいの狭い間隙に迷うことなく突っ込み、ひるむことなく、むしろグイグイと一完歩ずつ加速していく伸び脚は迫力満点でした。

折り合い良く好位から2000mの初距離をクリアし、馬群を割る直線の伸びと勝負根性。トライアルとしては100点満点だったのではないでしょうか。

また、2着に負かした相手は桜花賞で0秒2差6着と好走したパーソナルハイというところもポイント高めです。

パーソナルハイという馬は桜花賞だけではなく、2歳未勝利戦でキラーアビリティの2着、赤松賞でもナミュールの2着に入り、後の桜花賞馬スターズオンアースに先着するなど、この世代の上位に入る実力馬。それだけに、このパーソナルハイを物差しにして桜花賞上位組との力比較ができそうだと、週初めに公開したフローラS展望でも触れたのですが、その観点から考えれば、エリカヴィータは桜花賞上位組に何ら後れを取ることなくオークスでも好勝負できそう……と個人的には思ってしまいますね。

もちろん、桜花賞で勝ち馬から0秒2差だったパーソナルハイに0秒1差で勝ったのだからオークスでも好勝負!なんて、単なる数字遊びで言っているのではなく、2歳時からトップ級の馬相手に差のない競馬を繰り返してきたパーソナルハイ相手に、着差以上に強い内容で勝ってみせたエリカヴィータという馬の可能性に魅力を感じてしまうわけです。

桜花賞が終わった直後は、オークスはサークルオブライフが有力かなと思っていましたが、同じ国枝厩舎からまた1頭、樫の女王を狙える楽しみな馬が出てきました。

パーソナルハイは本番でも勝敗のカギの握る1頭に

また、2着でオークス切符をゲットしたパーソナルハイもいい競馬をしたと思います。

前半がちょっとチグハグな感じの運びでしたが、ハナを取り切ってからはマイペースのスローに落とし、最後もあわやという粘り腰。3走前の阪神JF、2走前のフラワーカップが案外な結果だっただけに桜花賞の走りを信用していいものかどうかと見ていましたが、やはりこの馬も走りますね。

桜花賞のように中団から差す競馬もできるので、オークスではどのような戦法を繰り出してくるのかというところも注目を集めそう。その意味では、オークスというレースを占う上で、一つの大きなカギを握っているのがパーソナルハイなのかもしれないですね。

特に桜花賞組は800mも距離延長があるわけで、当然、各馬ともに距離を念頭にして道中は慎重に運びたいはず。そんな中、パーソナルハイが今回のように後続を離してマイペースの逃げに徹すればアレヨアレヨの逃走劇があったって何の不思議もない。

それくらいの力がある馬だと、このオークスTRで証明されたわけですから。

ただし、懸念があるとすればローテーション。今年3走目(もしくは叩き3走目)と言えば聞こえはいいかもしれないですが、実際は始動戦のフラワーカップから中2週、中1週と来て、オークスも中3週になる。この詰まったレース間隔で馬の体調を維持できるかどうか、ここが大きなポイントになりそう。矢作厩舎の手腕に期待ですね。

AT
AT

マイラーズカップは予想が(久々に)当たりました。バンザーイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。