【悲報】エネイブルさん、つけられる種牡馬がいない……

【阪急杯2020予想】◎ハッピーアワー、距離ベストの1400mで激変だ!

阪急杯2020予想

いよいよ2020年最初の阪神競馬が開幕しました。

大学時代は阪神競馬場から原付で5分程度のところ、レース名にもなっている逆瀬川に住んでいたこともあり、阪神競馬場はホームだと思っています。なので、阪神開催が始まると自然とワクワクするんですよね。

https://keiba-4-leglock.com/wp-content/uploads/2020/01/IMG_0631.jpg
AT

あと、春が来たな、という感じがします。

競馬の番組や開催場所で季節を感じるのは「競馬あるある」ですよね。

それでは阪急杯の予想といきましょう!

第64回GⅢ阪急杯 予想と見解

これで勝負!

◎⑬ハッピーアワー

○③ダイアトニック

▲⑥フィアーノロマーノ

△⑤クリノガウディー

△①ジョイフル

穴⑭ベストアクター

馬単⑬⇔③⑥⑤①⑭

3連複⑬-③⑥⑤①⑭

ここがポイント!

  • 1400mスペシャリストを探せ!
  • 今週も若手騎手の活躍がある?
  • 穴は名門牝系出身の良血馬

展開予想(平均ペース)

スタートから最初のコーナー
←④⑮-②⑤③①
   ⑥⑦⑨⑪⑫⑩⑬
    ⑧⑭⑯⑱
     ⑰

逃げ馬不在。内枠の④マイスタイルが押し出されるようにハナか。

向こう正面
←④⑮-⑥②⑤③⑪⑫①⑩
     ⑧⑦⑰⑯⑭ ⑬⑱⑨

先行勢を見るように⑥フィアーノロマーノが好位、③ダイアトニックは中団インからの追走。

4コーナーから最後の直線
←④⑮②③⑪⑩
  ⑥⑤⑰⑫①
   ⑧⑦⑯⑨
    ⑬⑭⑱

⑥フィアーノロマーノが正攻法で先頭をうかがうところへ、馬群の中から③ダイアトニック⑤クリノガウディー、脚をタメていた⑭ハッピーアワーが外から襲いかかる。

ゴール
 ③
  ⑥

外から⑬ハッピーアワーが一気の脚で差し切ると見た。

⑬ハッピーアワー、得意の千四なら走る!

本命には⑬ハッピーアワーを抜擢する。

ここ5走は7、10、7、6、8着と掲示板すら確保している馬。どこに買い目があるのかといった感じだが、この着順には理由がある。

それは、ゲートで出遅れる、ということだ。

https://keiba-4-leglock.com/wp-content/uploads/2020/01/IMG_0631.jpg
AT

前走もきっちりと出遅れた。

致命的な弱点なことには変わりない。しかし、それでも前走のシルクロードSは0秒5差8着だし、GⅠスプリンターズSでも0秒5差7着。そう大きく負けていないところまで来ている。力はあるのだ。

近走と今回の一番大きな違いといえば、それは距離。ここ4走は1200m戦だったが、出遅れる同馬にとってスプリント戦は忙しすぎた。といって、マイルではやや長い印象があるので、この1400mはベストの距離だろう。

1400m戦は4戦して(2・2・0・0)のパーフェクト連対。勝ち鞍の中にはGⅢファルコンステークスも含まれており、この距離には絶大の信頼を置けるのだ。

坂路調教では相変わらず動いているから、出来は好調キープと見ていいだろう。あとは、とにかくゲートだけ。

https://keiba-4-leglock.com/wp-content/uploads/2020/01/IMG_0631.jpg
AT

今度こそ普通に出てください。お願いします!

③ダイアトニックはやはり1400mがベスト

対抗には③ダイアトニックを手堅く抑えたい。

ダイアトニックは前走のGⅢ京都金杯で距離を克服する2着に突っ込み、ローテーションの幅が広がる可能性を見せた1戦だった。

だが、今後のマイル路線でもメドが立ったとはいえ、やはりこの馬のベストは千四。この距離なら前走以上に能力を発揮できるし、となれば昨秋のGⅡスワンSでモズアスコットを差し切った脚を期待していい。

懸念といえば、デビュー戦以来およそ3年ぶりの阪神コース。そのレースは勝っているのだが、何せ新馬戦でのことでハナ差の辛勝。通算6勝のうち5勝が直線平坦の京都コースだけに、直線坂を苦として伸びあぐねる可能性もある。

⑥フィアーノロマーノはこの時期、この条件がベスト

ダイアトニックが阪神で苦戦するとしたら、変わって台頭するのが⑥フィアーノロマーノ

こちらは阪急杯と同じ条件・阪神1400mで行われた昨年暮れのファイナルSを快勝し、同じく前走の阪神GⅡ阪神カップでも2着を確保。陣営はこの条件がベストと明言している。

また、中山1600mのGⅢダービー卿チャレンジトロフィーではダイアトニックを破って重賞制覇。ここでは地力が1枚上だし、直線の坂を苦にするタイプでもない

その一方で大きい着順も目立つように、ややムラっぽいタイプであることが心配。ただ、好成績が秋から冬に集中していることを考えれば、今はちょうど走り頃なのだろう。実力をしっかり発揮してくれるはずだ。

今週も若手騎手の躍進に期待

今年はGⅢシンザン記念2着の原田騎手に始まり、GⅢダイヤモンドステークス1着の木幡巧騎手、GⅢ小倉大賞典1着の鮫島克騎手、そして、大きなトピックにもなったGⅠフェブラリーS2着の長岡騎手など、重賞での若手騎手の活躍が目立っている。

この流れに乗って、この阪急杯でも若手の躍進は十分にありそうだ。

まず注目したいのは、22歳・森裕太朗騎手の⑤クリノガウディー

GⅠ朝日杯FS2着の実績があり、GⅢ中京記念2着、前走のGⅢ東京新聞杯でも3着と、マイルの重賞戦線で活躍している1頭。このメンバーに入っても地力は上位だろう。

今回が初めての千四となるが、陣営は「折り合い面からも距離短縮が合っている」と自信アリの様子。その通り、この距離がハマれば、これまでの善戦マンから脱却する走りが見られそうだ。

そして、森裕太朗騎手はクリノガウディーにデビュー前から調教をつけている“パートナー”でもあり、誰よりもこの馬を熟知している。それはこのコンビで中京記念2着に来たレースからも分かるというものだ。

もう一人、同じく22歳の川又騎手が騎乗する①ジョイフルも面白い1頭。

昨年7月からコンビを組み、6戦して(2・1・1・2)。川又騎手とともにオープンまで駆け上がり、初の重賞挑戦となった前走のGⅢシルクロードSでは7着ながらも、後方から鋭く追い込み、1着から0秒3差の接戦だった。

この瞬発力は重賞でも通用する威力だし、あとは展開一つ。前が止まれば出番だ。

充実⑭ベストアクター、血統も重賞級

穴は⑭ベストアクター

もともと素質のあった馬だが、昨年から今年にかけての充実ぶりが目覚ましい。特にここ2走は好位、後方からと自在戦法で連勝中。この勢いを買いたい。

もちろん、能力的にも通用すると見ている。下級条件クラスとはいえ、ここまでやりたい放題で勝つのだから、下のクラスでは力が抜けていたということ。重賞初挑戦になるが、通算5勝すべてを挙げているベストの1400mなら遜色はないはずだ。

また、明け6歳になるベテランだが、まだ11戦しか走っていないだけに馬は若い。それだけに、今からピークを迎えるのではないか。

さらに強調したいのが血統だ。母の母は1987年&88年の最優秀4歳以上牝馬に輝いた名牝ダイナアクトレス。この一族からはJC馬スクリーンヒーローをはじめ活躍馬を多数出している名門牝系。母ベストロケーションもGⅢ京都牝馬S2着、GⅢキーンランドC3着など重賞で好走しており、この母系に父ディープインパクトなら、重賞級の配合と言えるだろう。

MEMO
そしてもう1つ強調したいのが、鞍上が浜中俊騎手ということだ。昨年11月24日の落馬負傷から3カ月ぶりの復帰戦。ダービージョッキーの手綱さばきにも期待!

なお、GⅠマイルCS馬のステルヴィオだが、力は認めつつも、やはりこの長期休み明けと喉が不安があるため、今回は見送りとしたい。

https://keiba-4-leglock.com/wp-content/uploads/2020/01/IMG_0631.jpg
AT

これで決まりだ!

中山記念の予想

中山記念2020予想 【中山記念2020予想】稽古抜群◎インディチャンプ、中山千八なら克服可能

中山メインのGⅡ中山記念の予想は上記をご参考にどうぞ。

甲乙つけがたい4強で、馬券でプラスを出そうと思ったら、実はかなり難しい一戦。馬単、3連単のアタマ軸で勝負です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です