【悲報】エネイブルさん、つけられる種牡馬がいない……

【阪神大賞典 回顧・総評】画面から消えたキセキの大出遅れ、今後の買い時が難しくなった

阪神大賞典2020回顧・総評

3歳の皐月賞トライアル2レースを振り返っただけで結構長くなってしまいましたので、阪神大賞典の回顧・総評は、改めてここで述べさせていただきたいと思います。

ちなみに、GⅡスプリングステークス、若葉ステークスの回顧・総評はコチラです。

若葉ステークス2020、スプリングステークス2020回顧・総評 【若葉S、スプリングS回顧】再び武豊に皐月賞どっち乗る問題浮上? アドマイヤビルゴは本番も好勝負できる大器だ

まあ、それにしても阪神大賞典はいろいろと驚きましたね。

言えることは1つしかないと思うので、考察だなんだと深いことはナシにしてサラッといきたいと思います。

第68回GⅡ阪神大賞典 回顧・総評

キセキの出遅れに尽きる

はい、これはもうキセキの出遅れに尽きますよね

一瞬テレビ画面から消えたくらい、あれだけ遅れたとなると、タイミングがどうとか、ゲートの中でどうとかいう問題ではなく、

AT
AT

馬に出る気がないんだと思います。

その割にいったんゲートから出ると、今度は抑えが利かないくらい前へ行こうとするんですから、川田騎手も大変だったでしょう。しかも単勝1倍台の人気馬でしたしね……。

かつてのゴールドシップみたいに、今後キセキの買い時が難しいというか、よく分からなくなってきました。

MEMO
そういえば、お父さんのルーラーシップも現役晩年は毎回出遅れていたことを思い出しました。これも“血”なのでしょうか……

◎メイショウテンゲンはやっぱりジリ脚で

そんな感じで、引っ掻き回すだけキセキが引っ掻き回した今年の阪神大賞典。

こう乱ペースになれば、当然、最後はスタミナ勝負。思っていた展開とはまるで違いましたが、結果的には上がりがかかりそうな競馬になってくれて、◎メイショウテンゲンにとっては絶好。シメシメと思っていたのですけど、それでもやっぱりジリっぽかったですねぇ。

今のメイショウテンゲンにはまだ馬場の助けが必要なのかなぁといったところです。

ユーキャンスマイル春の盾主役に

その点、勝ったユーキャンスマイルは素晴らしかったです。

岩田康騎手らしく、インベタから馬群を割っての差し切り勝ち。馬も苦手とされていた右回りを完全に克服したようなスムーズな走りっぷりでした。

これだけの競馬ができるのなら、次のGⅠ天皇賞・春もかなり有力になってくるでしょう。中距離に馬が集まるようになった分、春の盾路線は毎年手薄になりがちですから、ユーキャンスマイルにとって初GⅠタイトルへ大きなチャンスがやってきたと思います。

今週のひとり大反省会

阪神大賞典

1着△ユーキャンスマイル

2着 トーセンカンビーナ

3着◎メイショウテンゲン

4着穴ムイトオブリガード

5着 メロディーレーン

阪神大賞典2020予想【阪神大賞典2020予想】本格化の兆し◎メイショウテンゲン、晩成の血が騒ぐ!
スプリングステークス

1着 ガロアクリーク

2着◎ヴェルトライゼンデ

3着▲サクセッション

4着○ファルコニア

5着△アオイクレアトール

スプリングステークス2020予想【スプリングステークス2020予想】◎ヴェルトライゼンデ、実力・実績ここでは1枚上
若葉ステークス

1着◎アドマイヤビルゴ

2着 キメラヴェリテ

3着○アメリカンシード

4着▲アルサトワ

5着穴サーストンカイドー

若葉ステークス2020予想【若葉ステークス2020予想】武豊アドマイヤビルゴ、評価爆上がりで◎信頼!
フラワーカップ

1着 アブレイズ

2着▲レッドルレーヴ

3着○シーズンズギフト

4着△チェスナットドレス

5着◎クリスティ

フラワーカップ2020予想【フラワーカップ2020予想】千八ならクリスティ、現3歳牝馬世代の中で上位の力

予想した4レースの本命馬がそれぞれ、1着、2着、3着、5着。

AT
AT

まあ、先週に比べると割とマシな方なので良かった、良かった

ではない。

ノーマークにした馬が4レース全てで連対しており、結果全部ハズレ。

今週は人気サイド中心の予想にしてコツコツと単打を狙いにいったのに、それでもなお馬券を取れないあたり、自分のセンスのなさに目まいがしますよ……。

せめて、阪神大賞典の3連複くらいは引っ掛けたかったなぁ。

来週からはいよいよ春のGⅠシリーズが開幕。初戦の高松宮記念で景気のいいどデカい花火を打ち上げられるように、めげずに頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です