【悲報】エネイブルさん、つけられる種牡馬がいない……

【京都新聞杯、プリンシパルS回顧】アドマイヤビルゴが敗れ、ダービー勢力図はどうなった?

京都新聞杯2020回顧

先週の京都新聞杯、プリンシパルステークスでダービーへのトライアル(ステップ)レースも終了。本番のだいたいの顔ぶれが出そろってきましたね。

青葉賞も含めたトライアルレースの結果、何が起こったかと言えば、特に何も起こらなかった――というのが僕の思った感想。

つまり、皐月賞で出来上がった勢力図はそのまま

コントレイル、サリオスの2強を脅かすほどの馬は現れなかった、というわけです。

アドマイヤビルゴは現状でこの力

特に京都新聞杯のアドマイヤビルゴには、2強の牙城を崩せるのでは?という期待が集まりましたが、結果は4着。

確かに、ペースが速い中、藤岡康太騎手の仕掛けもちょっと早いかなと思いましたが、ダービーを勝とうというくらいの馬だったら、あそこからでも後続を楽々と突き放して勝ってほしかった

素質はあるのだと思いますが、現状ではまだそこまでの力がないということなんでしょう。

物凄く期待感が大きかっただけに、残念という思いも同じくらい大きい。アドマイヤビルゴが無敗でダービー参戦だったら、どれほど盛り上がったかなぁと思うと……

秋、そして古馬になってからの成長に期待しましょう。

ディープボンドは第2のハーツクライとなるか?

一方、勝ったのはディープボンド。先行、好位で飛ばす馬たちの後ろからじっくり構えて、最後はアドマイヤビルゴを目標に差し切り勝ち。和田騎手のナイス騎乗だったと思います。

馬の勝ちっぷりも見事だとは思いましたが、皐月賞は10着だったんですよねぇ。

そこからダービーでいきなり大変身となるかというと……どうなんでしょうか?

同じように皐月賞2ケタ着順→京都新聞杯V→ダービー好走というと、ハーツクライを思い出します。過去に前例があるから、ディープボンドもダービーでまるっきりダメだとは言い切れない。

でも、ハーツクライはきさらぎ賞3着、若葉S1着の実績があり、皐月賞でも5番人気に支持されていたSS産駒。対してディープボンドはOPどころか1勝クラスの勝利実績もなく、皐月賞で18番人気の馬でした。

さすがにハーツクライと同じように見るのは厳しいのでは……?

ただ、ダービー馬の父キズナと同じく、京都新聞杯を勝って本番へ(しかも馬主も同じノースヒルズの前田晋二さん)というのはロマンがありますよね。

また、母系も昔から日本で根付いている血統なので、頑張ってほしいなぁとは思いますけど、常識的には3着争いがあればいい方かなぁと思っています。

2着マンオブスピリットも、ディープボンドとの追い比べを制していれば、ダービーの惑星としてさらに注目度が高まったと思いますが、あそこから競り負けてしまった内容にやや不満(それだけディープボンドが強かった、ということでもありますが)

しかしながら、京都新聞杯2着というと、昨年のロジャーバローズの例もあるので、この馬も本番で一銭もいらないとは言い切れない。

何より、京都新聞杯ではかなり長い脚を使っていたので、東京に替わればさらにプラスにもなりそう……とはいえ、この馬もやっぱり現状は3着争いがあればいい方かな。ギルデッドミラーみたいに相手なりに走りそうなタイプでもあるので。

ビターエンダーは本番でも“買い要素”はある

一方のプリンシパルステークス。

ビターエンダーが好位から上手に立ち回り、中団から迫るポタジェを抑えきったレース内容は良かったと思います。

と言っても、こちらも皐月賞で2ケタ着順の14着だった馬。結局のところ、京都新聞杯と同じく皐月賞組の強さばかりが強調される結果となってしまいましたね。

それでも、ビターエンダーは今回の勝利を含めて、東京コースでは4戦して[2・1・1・0]。複勝圏内を外していません。左回りの東京コースが余程合うのでしょう。

それを踏まえれば、皐月賞は度外視していいのかもしれない。

また、この先行脚質も現在の東京コースにマッチする可能性も十分ありそうです。再来週のことなのでまだ馬場状態と傾向がどうなるか分かりませんが、内め先行有利のコンディションのまま推移すれば、ラウダシオンのような一発が望めるかも?

振り返れば、ダービーで穴を開けてきたのはだいたいが逃げ・先行馬。プリンシパルS1着からの穴馬と言えば一昨年のダービー3着コズミックフォースも先行粘り込みでした。

ビターエンダーが狙うのはまさにこのパターン。その意味では“買い要素”があります。

でもやっぱり、良くて3着争いですよねぇ。

焦点は3着争いへ

まあ、それだけコントレイル、サリオスの2頭が強すぎるということ。この2強の牙城を崩すのは並大抵のことではありません。

しかしながら、裏を返せば3番手以下は大混戦、ということでもあります。

基本的には皐月賞組を上位に見ればOKだと思いますが、その皐月賞にしても3着以下は上位人気馬が総崩れでした。

なので、皐月賞負け組からどの馬が巻き返して来るか、つまりどの馬を3番手グループと見るか――これは迷うところですね。

だったら、いっそのことダービー直行のワーケアか、ともなりそう。

そのあたりをウンウン唸りながら、ダービーまでじっくり考えていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です