噂の爆売れゲーミングソファ座椅子を買って使ってみた

【菊花賞2021予想】“未知強”の長距離血統エアサージュに◎! 藤岡佑介騎手にもそろそろクラシックを

菊花賞2021予想

なんか……先週にも増して今週は忙しかった気がする。

いや、実際にクソがつくほど忙しかったのだ。なにせ月曜から連日、午前10時始業→午後10時過ぎ終業だった。今の時代、これダメでしょ。

しかも、本ッッッ当に仕事内容がクソつまらない。

あー、仕事辞めたい。

ちなみに今週、そんなクソ忙しい中、部門長にあたる人?(もはや会社の組織構造すらよく分かっていない)と個人面談があって、

「会社、辞めたいんだって聞いたけど?」

「ええ、辞めたいです」

そんなやり取りがあったので、まあ、いつでも辞められる態勢にはある。

そんなこんなで、今週はストレスが溜まりすぎてハゲるかと思ったので、とりあえず映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』を観た。

ワイルド・スピード/スーパーコンボ
created by Rinker

どんな映画かと言いますと、ハゲマッチョとマッチョハゲが殴り合って、カーチェイスして、最後に爆発するという、脳みそを空っぽにして楽しめる傑作だ。

やっぱ、ハリウッド映画はこれじゃないと!

というわけで、仕事のストレスでハゲそうになっている人、もしくはもうハゲてしまった人、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』を観て、すべてをきれいさっぱり忘れてしまいましょう……。

第82回GⅠ菊花賞 予想と見解

でも、忘れられないこともある。

それが先週の秋華賞だ。

我が◎エイシンヒテン。今年のGIでは初めてゴール前で声が出た。惜しかった。直線入り口では「できた!」と思ったんだけどなぁ……。

この悔しさは菊花賞で晴らすしかない。そして、その激走馬に指名するのがエアサージュだ!

年明けデビューでここまで4戦3勝。この夏は札幌で1勝クラス、2勝クラスと古馬相手に連勝しての菊参戦。しかも、前走は2600m戦を勝ち上がっているのだから、スタミナに不安はない。

札幌で2600m戦を経験しての菊花賞というと、ウマ娘でも今週話題になったマンハッタンカフェを思い出しますよ。あれから20年か……

まあ、マンハッタンカフェと違って同世代の一線級とは未対戦なので、そのあたりとの力関係が不明ではあるのですが、むしろそれによって“未知の強豪”感が出ていて、いいじゃないですか。まだ底が割れていない、という感じね。

血統を見ても、父ポイントオブエントリーはアメリカで芝1800m~2400mのGIで5勝をマークした名馬。産駒からは今年のサマーマイルシリーズでチャンピオンになった関屋記念の勝ち馬ロータスランドを出すなど、日本の芝との相性の良さをすでに見せているのです。

このあたりは、日本で数多くのチャンピオンホースを輩出しているヘイルトゥリーズン→ロベルト系であることも影響していそうですね。

また、母父エンパイアメーカーはアメリカ3歳三冠の最終戦、2400mダートのベルモントステークス勝ち馬だから、この血統面からもスタミナには自信ありでしょう。

付け加えて、エアサージュの3歳年上の半兄は東海ステークスの勝ち馬エアアルマス。GIでも勝ち負けを期待できる血族と言っていいですよね?

ここ2戦は逃げ切り勝ちでしたが、今週の報道によれば「ハナにはこだわらない」とのこと。内枠にいるタイトルホルダー、ワールドリバイバルあたりが行きたいなら行かせればいいし、誰もいかないなら自分からペースを作ればいい。

いずれにせよ、この混戦模様の中、常に勝負圏内の前めで競馬ができそうなのは心強い。内回りの阪神3000mではそうそう追い込みは決まらないですからね。

あとは藤岡佑介騎手にお任せです。藤岡佑騎手にもそろそろクラシックを獲ってほしい!

菊花賞の予想と買い目

◎⑧エアサージュ
○⑤レッドジェネシス
▲⑦ディープモンスター
△⑨ヴェローチェオロ
△⑱オーソクレース
穴⑬アリーヴォ
馬単⑧⇔⑤⑦⑨⑱⑬
3連複⑧-⑤⑦⑨⑱⑬

AT
AT

そういえば、ステイサムの新作映画が最近公開されましたよね。観に行こうかな……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です