【AJCC2021回顧】アリストテレスの“正体”

【京都金杯2021予想】◎ロードマイウェイを買うならココしかない…走る要素満載だ!

京都金杯2021予想

きょう1月4日は仕事始めでした。

あれだけ楽しみにしていた年末年始の連休も、始まってしまえばアッと言う間に終了。悲しいなぁ、仕事したくないなぁ……。

そんなわけで、今日は仕事(テレワーク)している振りしながら、お昼頃からテレ東の午後ローでハナプトラ3を見て、夕方からはCSテレ朝で新日本プロレスの1.4(イッテンヨン)東京ドームを見ていました。

まあ、僕なんかこんなもんですよ。2021年もこういう感じでユラユラと仕事をやり過ごしていければなぁと思っている次第です。

それにしても、新日1.4東京ドームはどの試合も面白かったですね。

注目のメインイベント、内藤哲也vs.飯伏幸太によるIWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタルのダブルタイトル戦は試合内容も熱かったですし、敗者・内藤が自らの手で新王者・飯伏に2本のベルトを渡したシーンも感動的でした。

飯伏がIWGP王者になって本当に良かったなぁと思うし、彼ならすごくいいチャンピオンになるんだろうなぁとも思います。

なので、明日1月5日も東京ドームで開催されるIWGP二冠戦では、ぜひとも挑戦者ジェイ・ホワイトを打ち倒して、『本当の神』となってほしい。もし、敗れて1日天下になってしまったとしたら、それは飯伏にとってあまりにも過酷なプロレス人生――。

と思う一方、ジェイにも勝ってほしいな、と実は思っているんですよね。僕、ヒールのジェイが好きなんですよ。艶があるし、しっかりとしたテクニックもあるしで、ヒールレスラーとして満点だと思うんですよね。

これまでもビッグイベントで数々のバッドエンドを演出してきた新日本プロレスのことだから、番狂わせでもなんでもなく、ジェイが勝って飯伏の1日天下というのは、現実的に十分あるんじゃないかとも思っています。

いずれにせよ、1.5(イッテンゴ)もすごく楽しみ。これは明日も仕事なんかしてる場合じゃないですよ!

第59回GⅢ京都金杯 予想と見解

5日も仕事なんか真面目にしてる場合でないのは、もう1つ、大きな理由がある。

そうです、1月5日は毎年恒例の縁起レース、東西金杯でしょうが!

金杯を的中できれば去年の負けなんか全部帳消しになる気分だし、その年1年間、ずっと馬券があたりそうになるくらい気持ち良くなるレース。

そして、なんといっても“お年玉”をいただけるんだから最高ですよね!

そんなわけで、東西金杯をGI並みに重要視している競馬ファンの方も多いのではないでしょうか? 少なくとも僕にとってはGI級です。

で、東西の中からピックアップするのはやっぱり京都金杯。西日本出身の僕にとっての金杯は「京都金杯」なのですよ。今年は淀が改修中のため中京開催なので、ちょっと変な感じですが、まあいいでしょう。

本命はズバリ、ロードマイウェイ

昨夏の金鯱賞で大敗以降、スランプになってしまいましたが、前走のキャピタルステークスでは末脚鋭く追い込んで2着。ようやくこの馬の良さが出てきました。休養明け2戦目で、放牧に出したリセット効果が現れたということでしょう。

不調の原因となった金鯱賞の前までは、皆さんご存知の通り破竹の5連勝で重賞チャレンジカップを勝ったほどの素質馬。なので、リステッドレースくらいだったらあれくらい走って当然ですし、さらなる上昇が見込める叩き3走目ならば重賞でも好勝負でしょう。体調面についても稽古はしっかり動いているようで、中間のニュースでは陣営からも前向きなコメントが出ています。

一方、中京コースでは2戦着外ですが、これは大きく出遅れた金鯱賞に、休み明けで万全ではなかった2走前の話だから、いずれも度外視できる。むしろ、左回り自体は東京、新潟も含めれば7戦3勝2着1回なので問題なし。マイル戦も4戦2勝2着1回と得意の距離です。

これはもう、走る要素しかないじゃないですか!

それでいて、4日21時半時点での単勝オッズは10番人気の21.6倍。ロードマイウェイの実力、素質を考えればあまりにも美味しすぎるオッズではないでしょうか。

買うならココしかありません!

京都金杯の予想と買い目

◎③ロードマイウェイ

○⑩シュリ

▲⑯トリプルエース

△⑭タイセイビジョン

△⑮サトノアーサー

穴①ケイアイノーテック

馬単③⇔⑩⑯⑭⑮①

3連単③→⑩⑯⑭⑮①

AT
AT

これで決まりだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です