噂の爆売れゲーミングソファ座椅子を買って使ってみた

【マイラーズカップ2021予想】マイル女王を母に持つ良血、◎ワールドウインズ良馬場なら変わる!

マイラーズカップ2021予想

緊急事態宣言が発令されてしまいましたね。

これによる僕の一番の関心事は、5月16日開催予定のももいろクローバーZ結成13周年記念コンサートが無事に行われるか、どうかだ。

会場は千葉県の幕張メッセだし、緊急事態宣言の期間も5月11日までだから今のところはどうにか開催できそう。でも、期間延長となれば、例え会場が千葉県で入場を5000人に絞ったといっても、全国からファンが集まるわけだし、宮城県の音楽フェスが中止になった例を考えると、ももクロちゃんのコンサートも再び中止・延期に追い込まれるかもしれない。

そうなったら、僕のこの怒りはどこにぶつければいいのか……

先週も書いたように、1年経ってもあまり効果的とは思えない政策をすることしかできない政府、東京都に怒りが向くのは当然だけど、このままだと東京オリンピックに対しても本格的に怒りしか湧いてこないような感情になってしまう。

今も個人的な思いとしては、東京オリンピックには積極的に賛同できない。

国や都のエライ人たちのコメントを総合すると、何があっても東京オリンピックを開催するようだけど、それで「わーい、楽しみ。応援するよー」とはならないですよね。

何せ、この期に及んでオリンピックを開催する理由というのが、まったく分からない。だから心から賛成する気にはなれない。

これって、僕のアタマが悪いからではなく、圧倒的に国や都のエライ人たちからの説明不足なんですよね。

「日本からは中止と言えない。それは日本側から中止にした場合は莫大な違約金が発生するし、経済的な損失も中止にした場合の方がはるかに大きい。そんなことも分からないのか」

と、知ったかぶりで言う人もいるけど、中止にした場合の違約金うんぬんって、契約書見たんですか? いくらなんですか? 経済的損失とかも結局、具体的にいくらなんですか? 国民や都民はいくら損するんですか? 具体的な数字で教えてください。

このあたりに関して総理大臣の口から本当のところの数字と事象をもって、国民に分かりやすく正直に説明してもらったうえで、「だから、どうしても開催したい、のではなくて、中止にできないのです。申し訳ないけど協力して」と言われれば、もしかしたら、それじゃあやるしかない、という気持ちになるかもしれない。

それをわけのわからん感じではぐらかして、でもオリンピックは絶対にやります、というのだから、自分の好きなものをことごとく我慢させられているのにオリンピック開催に賛同できるはずがない。

どうしても東京2020大会を開催したい理由、中止にできない本当のところの理由を正直に教えてくれないですかね? 開催うんぬんの話はそれからだと思うんですよ。

あ、「コロナに打ち勝った証」はもう反対にコロナに打ち負かされているので理由にならないですし、復興五輪というのももう無理スジ。

まして「頑張っている選手のため」というのも論外ですね。4年に1度のこの日のために選手は頑張ってきたとよく言うけれど、この1年、選手以上に頑張って生活してきた人なんて山ほどいるし、コロナがなくても選手以上に頑張っている人なんて世の中にいくらでもいる。だから、これも理由にならない。

エンタメ業界がコロナ禍、緊急事態宣言でイベントを開催できず、「苦しいから助けて」という声を挙げると、「エンタメなんて非常時には不要。そんな仕事を選んだ自己責任」とか言う人がいるけど、それはスポーツも同じだ。オリンピックが仮に中止になったことでスポンサー契約を切られて路頭に迷う選手が出たとしてもそれは「そんな仕事を選んだ自己責任」である。だから、選手だけが特別扱いを受ける理由などどこにもない。

だって、世の中にはオリンピックを開催するよりも、音楽ライブ・エンタメイベントを開催してもらった方が経済的に潤う人もいるし、それらイベントによって、よくスポーツ選手・関係者が印籠のようにのたまう「勇気、元気、希望、感動」をもらえる人がたくさんいるわけですから。

また、そもそもオリンピックの理念は選手のためにあるわけではないし、オリンピックは選手のために開催されるわけではないですからね。

と、スポーツや選手に対してもキツイことを並べましたが、僕は社会人になってから20年くらい、一貫してスポーツに関連する仕事をしている。だから、基本的にはスポーツが好きだし、選手のことは尊敬している。

でも、そんな僕ですら、この東京オリンピックを取り巻くゴタゴタでスポーツ界への不信がたまりまくっている。このまま行くと、世の中の人々のスポーツ、ひいては選手への不信・不満は物凄いことになっていくんだろうなぁ。

悲しいことだ。

オリンピックの価値が地に堕ちるのはもはやどうでもいいことだけど。

第52回GⅡマイラーズカップ 予想と見解

と言って、競馬への愛は不変ですよ。

今週は春のGI中休みですけど、3場の重賞はいずれも来たる5月東京の連続GIへ向けて見逃せない一戦。その中からピックアップするのはマイラーズカップです。

京都競馬場改修により、久々に阪神に戻ってきたマイラーズカップ。京都開催になったのが2012年だから、もう10年近く経つわけですが、いまだに反射的に「マイラーズカップ=阪神マイル」と思ってしまう僕としては、この阪神開催が割と嬉しかったりする。

一方で、今年のメンバーはかなり難解だ。なにせ今のマイルシーンをけん引する主役が、現時点では見当たらない。

前売りで1番人気になっているエアスピネルはもっぱら最近はダートが主戦場だし、2番人気で3連勝中のエアロロノアは重賞初挑戦、ケイデンスコールもここ2走は好成績だしNHKマイル2着の実績馬だけどまだちょっと信用できない面も……。ギベオンも然りだ。

そんな感じで結構な混戦模様の下馬評だけに、どの馬にも等しくチャンスがありそう。というわけで、僕が本命に期待するのはワールドウインズだ。

今年に入ってから1月の2勝クラス、2月のOP特別・関門橋Sを連勝。能力はもちろんのこと、先行して良し、差して良しと自在の脚質からも、同馬の奥深さを感じることができる。

一方で、前走のリステッドレース・六甲Sでは1番人気に支持されながらも8着。この結果により今回は人気を大きく落としているわけだが、これは力が足りなかったというよりは、雨による馬場悪化が大きな敗因だろう。それは管理する武幸四郎調教師がハッキリ述べていることだし、それだけに前走の結果は度外視していい。良馬場なら間違いなく変わる

また、連勝した3走前は1800m、2走前は2000mだったのに比べて、敗れた前走は今回と同じ阪神マイル戦。そこから距離不安を感じるかもしれないが、ワールドウインズの母はあのウオッカを負かしてヴィクトリアマイルを制したエイジアンウインズだ。マイルが合わないはずがない。

というわけで、今年のマイラーズカップは新たなマイルの星が誕生するレースと見ている。

マイラーズカップの予想と買い目

◎⑬ワールドウインズ

○⑥アルジャンナ

▲⑩エアロロノア

△⑤ケイデンスコール

△⑯ギベオン

△⑫ラセット

穴⑦ボンセルヴィーソ

馬単⑬⇔⑥⑩⑤⑯⑫⑦

3連複⑬-⑥⑩⑤⑯⑫⑦

AT

きょう10日(土)21時からムービープラスで『ジョーカー』が放映されるよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です