【悲報】エネイブルさん、つけられる種牡馬がいない……

【オーシャンステークス2020展望】タワーオブロンドン、ダノンスマッシュほか出走予定馬を徹底分析

オーシャンステークス2020出走予定馬分析

今週の土曜中山のメインレースは1200m芝のGⅢオーシャンステークス。3週後に迫った春のスプリント王決定戦、GⅠ高松宮記念に向けた最後のステップレースとなります。

ここには昨秋のGⅠスプリンターズステークスの覇者タワーオブロンドンが出陣。秋春スプリントGⅠへの始動戦となりました。

一方、西からはGⅠスプリンターズS3着のダノンスマッシュが参戦を表明しており、東西を代表するスプリントトップホースが激突。本番を占う意味でも大きな一戦となりそうです。

この2頭に割って入る馬がいるのかも含めて、有力馬の分析といきましょう!

有力馬ピックアップ解説

タワーオブロンドン
実績
(5.0)
スピード
(5.0)
スタミナ
(3.5)
乗り込み入念
(4.5)
期待度
(5.0)

中心は昨年のGⅠスプリンターズSの覇者タワーオブロンドンです。

昨年春までは1400m~1600mを中心に使われていましたが、夏からスプリント路線に転向。これがバッチリとハマりました。

千四やマイルが決してダメというわけではありませんが、千二で見せる競馬はそれまでとは1枚レベルが違う強さ。ルメール騎手は早くからスプリンターとしての素質を見抜いており、夏のGⅢキーンランドカップでは2着ながら「とても良いスプリンターになる」と確信したと言います。

そしてスプリンター転向の準備期間として必要だった夏の北海道2戦を経て、秋は完全開花。出来そのものがアップしたことも合わせて、GⅡセントウルステークス、GⅠスプリンターズSでの完璧な勝ちっぷりは皆さんもご存じのとおりですね。

ルメール騎手はまた、スプリンターズS後にタワーオブロンドンについて、こうも言っていました。

彼のリミットはまだ分からない。どこまで強くなるのか分かりません

充実の4歳秋を経て迎える完成期の5歳シーズンはどのような競馬を見せてくれるのでしょうか。非常に楽しみです。

MEMO
今回は約5カ月ぶりの競馬となりますが、1月中旬に帰厩後は入念に乗り込まれており、サンスポのニュースによると「休み明けは言い訳にならない」と藤沢和調教師。初戦から地力を出せると見て間違いないでしょう。

ダノンスマッシュ
[value4.5]実績[/value]
スピード
(4.5)
スタミナ
(3.0)
栗東坂路で一番時計
(5.0)
期待度
(4.5)

タワーオブロンドンに土をつけるとしたら、同じ5歳の同期ダノンスマッシュしかいません。

これまでスプリント重賞を3勝。GⅢキーンランドCではタワーオブロンドンを下しての勝利でした。スプリンターズSではタワーオブロンドンを抑えて1番人気に支持されており、スプリンターとしての資質は一歩も引けを取りません。

昨秋の大一番では3着と敗れ、形の上では完敗。しかし、タワーオブロンドンが真ん中の枠から外をスムーズに進出してこられたのに対し、ダノンスマッシュは1枠2番スタートからインでもまれ、そこから最後の直線で外に持ち出すのにやや手間取りました。

完璧な競馬だったタワーオブロンドンと比べて、決してスムーズではない競馬ながら、最後は半馬身+クビ差まで詰め寄る3着。力負けとするにはまだ早いのではないでしょうか。今回、そして高松宮記念での逆転は十分狙えると思います。

今回は12月の香港スプリント8着以来、およそ3カ月ぶりの実戦なりますが、1週前の坂路では4F49秒6(!)の自己ベストをマーク。時計が出やすい馬場だったとはいえ、かなり速いタイムには変わりませんし、この時計はこの日の栗東坂路で追い切られた馬の中で最速でした。

https://keiba-4-leglock.com/wp-content/uploads/2020/01/IMG_0631.jpg
AT

タワーオブロンドン以上に仕上がっていると見ていいかもしれません。

MEMO
今回は別定戦で行われるため、タワーオブロンドンの斤量が58kgであるのに対し、こちらは56kg。この2kg差はかなり大きなアドバンテージになるでしょう。

ナックビーナス
実績
(3.5)
スピード
(4.0)
スタミナ
(3.0)
リピーター度
(5.0)
期待度
(3.5)

上位2頭に続く3番手となると、ナックビーナスになるでしょう。

2018年GⅢキーンランドC勝ちの実績もさることながら、このGⅢオーシャンSは17年、18年、19年と3年連続で2着に連対。この相性の良さは無視できませんね。

レース&コース相性だけでなく、同じ中山1200m芝で行われた2走前のリステッドレース・ラピスラズリSを2馬身半差で快勝し、前走のOP特別タンザナイトS(阪神1200m芝)も2着を確保。今年7歳になるベテラン牝馬ですが、衰えなく好調をキープしています。

また、今回は3カ月ぶりの競馬。過去3年と比べて最もレース間隔があきましたが、昨年も2カ月ぶりのレースで2着に来ていますし、3カ月以上あいたレースでも重賞で3着が2回と、鉄砲が利くタイプ。そうマイナスにとらえる必要はなさそうですね。

オーシャンS最大のリピーターであるナックビーナスが、5歳牡馬2強にどこまで迫れるでしょうか。


ほか、重賞2勝のダイメイプリンセス、差しに威力秘める古豪ティーハーフ、ラピスラズリS2着など近走好調のハウメア、中山1200mでは安定して走れるレジーナフォルテ、GⅢアイビスSD2着のスピードあるカッパツハッチなどが上位候補となります。

現時点での見解

ここはどう見てもタワーオブロンドンダノンスマッシュの一騎打ち。

両雄ともに次の本番を見据えた仕上げとなりますが、1週前追い切りでは互いに陣営納得の時計、動き。とくれば、休み明けの凡走も考えにくいのでは?

興味はこの2頭の“後先(あとさき)”。

昨秋からの充実ぶりを考えればタワーオブロンドンが一歩リードしていると思うのですが、今回は別定戦となるため、タワーオブロンドンの斤量が58kgに対し、ダノンスマッシュは56kg。単純にこの2kg差は大きいと思いますし、ダノンスマッシュほどの実力馬が56kgで走れるというのはまさに“恵量”。かなり有利なのではないかと見ています。

https://keiba-4-leglock.com/wp-content/uploads/2020/01/IMG_0631.jpg
AT

それでもタワーオブロンドンが力でねじ伏せそうな気もしますが……

同期のスプリントライバル物語、高松宮記念まで目が離せないです。

これに続くとなると、実績・レース相性からもやはりナックビーナスでしょう。オーシャンS3年連続2着が示すように、とにかく中山1200mで走る馬。2強にまともに走られては2着も厳しいかと思いますが、どちらか一方が休み明けでもたつくようなら、割って入ることも十分可能だと思います。

ただ、ナックビーナスとそれ以外の馬たちの力差はかなり小さいと思います。つまり、3着候補は大混戦。何が入っても驚けないメンバー構成だと思いますので、3連複、3連単は思いもよらぬ好配、高配が飛び出すかもしれないですね。

弥生賞、チューリップ賞の展望

3歳クラシックへ向けた最重要トライアルレース、GⅡ弥生賞ディープインパクト記念、GⅡチューリップ賞の展望記事も合わせて公開しています。サトノフラッグ、レシステンシアら有力馬の徹底分析、また現時点での予想見解を掲載しておりますので、よろしければ合わせて参考にしてみてください。

弥生賞2020出走予定馬解説、展望 【弥生賞2020展望】サトノフラッグ、ワーケアほか出走予定馬解説 チューリップ賞2020出走予定馬解説、展望 【チューリップ賞2020展望】2歳女王レシステンシアほか出走予定馬を徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です