【悲報】エネイブルさん、つけられる種牡馬がいない……

【大阪杯2020展望①】ダノンキングリー、ブラストワンピースほか出走予定馬を徹底分析

大阪杯2020展望①

今週からGⅠの舞台を阪神に移して行われるのは、春の古馬中距離チャンピオン決定戦、大阪杯。

昨年の皐月賞馬1~3着馬の再戦が見られるかな、と思っていたらサートゥルナーリア、ヴェロックスが回避となりました。

特に、金鯱賞であれほどの強さを見せたサートゥルナーリアのGⅠでの走りを非常に楽しみにしていましたので、残念で仕方ないのですが、間隔を詰めて使うとダメだタイプなのかもしれませんね。

万全の状態で出走してくるレースをたのしみに待ちたいと思います。

だからと言って、大阪杯のメンバーがしょぼくなったわけではないですよ!

現時点で出走予定馬は12頭とやや寂しい頭数ですが、うち10頭が重賞ホースで、GⅠ馬が半数の5頭

まあ、GⅠ馬が10頭とか出ちゃう天皇賞・秋とか有馬記念に比べるとアレですが、初対戦の組み合わせも多くあり、勝負論で言うとなかなか興味深いメンバーがそろったと思います。

それでは出走予定馬の中から有力候補をピックアップして解説、分析していきましょう!

有力馬ピックアップ解説

ダノンキングリー
実績
(4.0)
スピード
(5.0)
スタミナ
(4.0)
前走内容
(5.0)
期待度
(4.5)

まずはダノンキングリーから。

GⅠはまだ未勝利ですが、並み居るGⅠ馬を押さえてイの一番に取り上げたくなってしまいます。おそらく当日オッズでも1番人気になるのではないでしょうか。

それほどまでに前走GⅡ中山記念のインパクトが強烈でした。

マルターズアポジーが刻んだ平均よりちょっと速めのペースの中、ダノンキングリーは悠々と3番手を追走。そこから先行していた2頭をあっさりと差し切ると、その直後から迫ろうとしていたラッキーライラックの追撃をモノともせず、1馬身3/4差の完勝です。

今年の中距離戦線の主役はこの馬! そう率直に思ったファンも多かったことと思います

僕もそう思いました。

AT
AT

力は間違いなくGⅠ級です。

陣営としても、昨年の春二冠は惜しいところで逃しているだけに、今年にかけるモチベーションは高いでしょう。

ただ、不安がないわけでもありません。

それは「距離」と「関西への輸送」

1800mでは無類の強さを見せる同馬ですが、これが1ハロン延びて2000mとなるとどうなのか?

キャリアの中で1度ある2000mはGⅠ皐月賞で3着。

といっても、勝ったサートゥルナーリアからタイム差なしのクビ+ハナ差ですから、「3着」という字面ほど負けている印象はありません。

また、さらに距離が延びて2400mのダービーでも2着ですから、取り越し苦労と言えばそうなのかも。

でも、昨今の東京コースは昔とは違って、スピードがあればある程度の距離は融通が利いてしまう、というのが僕の持論でもあるわけで……。

加えて、阪神はどちらかと言えばスピードよりもパワー、タフさが要求されるコース。それだけにこの1ハロン延長がどう影響するのか?

そして、昨秋の京都GⅠマイルCSの5着敗戦も気になるところ。

これこそ1ハロン短縮した距離が合わなかったという見方もできる一方、長距離輸送がダメなタイプかもしれない。

あくまで個人的な見解ですが、そんな不安要素もあるのでは?というイチ意見です。


ブラストワンピース
実績
(5.0)
スピード
(4.0)
スタミナ
(4.5)
パワフル
(5.0)
期待度
(4.5)

続いて、18年の有馬記念馬ブラストワンピース

この馬の素質、能力は誰もが認めるところで、それを改めて実感させられたのが前走のGⅡアメリカジョッキークラブカップ。

凱旋門賞11着後、帰国してからの初戦ともあって不安まじりではあったと思うのですが、終わってみれば1馬身1/4差の完勝でした。

力が違う

とはこのことと思わせる内容でしたし、明け5歳になりましたが衰えを感じさせるところは微塵もありませんでした。

その後の調整も順調な様子。勝てる自信をもっての関西遠征だと思います。

また、今回の阪神コースは先にも述べたように、一瞬のスピードよりもパワー、タフネスを要求されるコースというイメージ。パワフルな走法をするブラストワンピースにはピッタリのようにも思えます。

事実、阪神で行われたGⅢ毎日杯を快勝していますし、似たような中山競馬場でも2戦2勝、洋芝のGⅡ札幌記念も快勝しています。

ただし、昨年の大阪杯は1番人気で6着でした。

これをどう見るか?

池添騎手のコメントを振り返ると、序盤で他馬に挟まれてしまいポジションが後ろになってしまったことと、上がり勝負になったことが敗因の様子。

なので、今回のポイントも「道中の位置取り」と「ペース」が重要になりそうですね。

ある程度ペースが流れて、最後は上がり35秒台の決着になれば……というところでしょうか。


ワグネリアン
実績
(5.0)
スピード
(4.5)
スタミナ
(4.0)
乗り込み豊富
(4.5)
期待度
(4.0)

18年のダービー馬、ワグネリアン。この馬に対してはすごく、 すごく

AT
AT

もどかしい!

という思いでいっぱいなんですよね。

2、3歳時はどれほどの大物になるのかという期待でいっぱいでしたし、古馬になってからもチャンピオンホースの1頭として君臨すると思っていました。

しかし現状は、GⅠで入着までという成績が並んでしまっています。

体質の問題から、続けてレースを使えないのも原因の1つなのでしょう。順調に使えない、ということはそれだけ稽古も満足にできないときもあるでしょうから、陣営の苦労がうかがい知れます。

それでいて、GⅠで掲示板を外さないのですから、やはり地力は相当なモノとも受け取れますよね。

昨年の大阪杯も、前年9月の神戸新聞杯以来6カ月ぶりの競馬、しかも初の古馬相手ながらクビ+クビ差(0秒1差)の3着と好走しています。

それと比べて、今回は前年11月のジャパンカップ以来ですから、去年よりもある意味“順調”に来ていると言えるのではないでしょうか?

2週前、1週前と続けて3頭併せの追い切りができるくらいですし、調教をつけている藤岡康太騎手、担当の助手さんも好感触を伝えています。

その通り、力を出せる仕上がりにあるとするなら、相手関係、力関係を考えても、ダービー以来のGⅠ勝利に手が届くところにあると見てもいいのでは?


大阪杯有力馬の解説&分析パート1はここまで。

大阪杯2020展望② 【大阪杯2020展望②】ラッキーライラック、クロノジェネシスを徹底分析&現時点での予想見解

展望記事②でははラッキーライラック、クロノジェネシスの好調牝馬2頭にほか、現時点での予想見解などを掲載しております。

お時間ありましたら、引き続き参考にしていただければと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です