【悲報】エネイブルさん、つけられる種牡馬がいない……

【プリンシパルステークス2020予想】スマートクラージュはひょっとして凄い大物? ダービーの隠し玉だ

プリンシパルステークス2020予想

GⅡ京都新聞杯の予想に続き、土曜東京メインのプリンシパルステークスの予想と行きましょう!

プリンシパルステークスと言えば、ダンスインザダークの印象が強いのですけど、昨年のダービーで大穴を開けたコズミックフォースはこのレースを勝ってダービー切符を手にしました。

今年も第2のコズミックフォースとなる馬は現れるのか?

AT
AT

僕はもう見つけましたよ……!

プリンシパルステークス 予想と見解

これで勝負!

◎⑪スマートクラージュ

○②ポタジェ

▲⑥サトノフウジン

△⑩アリストテレス

△①ビターエンダー

穴⑦スレプトン

馬単⑪⇔②⑥⑩①⑦

3連単⑪→②⑥⑩①⑦

ここがポイント!

  1. ダービーの隠し玉はスマートクラージュ
  2. 良血ポタジェ、素質ここ上位
  3. ルメールの腕に期待、スレプトンを穴で

展開予想(平均ペース)

スタートから最初のコーナー
←⑪ ①④②③
   ⑩⑥⑤⑧
    ⑦⑨

ここは⑪スマートクラージュがハナへ。内枠にこれといった先行馬もいないため、大外からでも楽に先頭に立てそうだ。

向こう正面
←⑪―①④②⑤③⑧
   ⑩⑦⑥⑨

平均ペースで流れる中、①ビターエンダー、⑥サトノフウジンは好位から、②ポタジェは中団から脚をタメる。

4コーナーから最後の直線
←⑪ ①④
  ⑩②⑤
   ⑦③⑧
   ⑥⑨

スマートクラージュがリードを保ったまま直線へ。⑩アリストテレス、⑥サトノフウジンらがとらえにかかり、②ポタジェは馬群を割って強襲する。

ゴール

 ②
  ⑥

しかし①スマートクラージュが後続を完封。逃げ切りでダービー切符をダッシュすると見た。

未知の素質が魅力スマートクラージュ

デビュー戦だけのインパクトで言えば、アドマイヤビルゴよりも断然こっち、スマートクラージュでした。

AT
AT

何せ、まっすぐに走らないのです。

最後の直線では右へ、左へ、そしてまた右へ、左へと、豪快に蛇行。芝千八のレースで1頭だけ1900mくらい走ったんじゃないかと思えるくらいの走行ルートでした。それでいてハナ差の2着だったのだから、たいしたものです。

続くマイルの未勝利戦では一転、内ラチを頼りにまっすぐに走り、その結果、まったく追うところなく2馬身半差の楽勝

まともに走ればこれだけ強いんだ!という素質の高さを見せてくれましたね。

確かに、初戦でアレだけのことをやらかした馬ですから、いつかまたどこかで暴走するかもという不安はあります。ですが、そこは名門・池江厩舎。きっちりと教育し、矯正していることでしょうし、その成果が前回の未勝利戦でした。

また、気性が気性だけに、初の長距離輸送、距離が前走から一気に400m延びて初の2000m戦と、課題はたくさんあると思います。

それでも、そういったことはまず置いといて、この「ひょっとしたらすごい大物かもしれない」という未知の魅力に託してみたい。素質だけなら決してここでもヒケを取らないと思うのです。

また、鞍上の藤井勘一郎騎手も、前走はスマートクラージュを見事に初勝利に導きましたから手が合うと思います。同じ池江厩舎のアブレイズで制したフラワーCのような、一撃必殺の仕事人のような騎乗を期待しています。

もし、スマートクラージュがここもアッサリと勝つようなら、アドマイヤビルゴ以上のダービーの隠し玉となるかもしれないですね。

良血ポタジェが相手本線

相手は、ルージュバックの弟で素質上位のポタジェ、同じく能力上位級のサトノフウジン

ほか、相手なりに堅実駆けするアリストテレス、皐月賞大敗もGⅢ共同通信杯2着が光るビターエンダーを押さえ。

穴は前走の未勝利戦の勝ちっぷりが良かったスレプトンを。というか、これはもうルメール騎手込みの予想ですね。

AT
AT

これで決まりだ!

京都新聞杯、NHKマイルカップの予想

京都新聞杯2020予想 【京都新聞杯2020予想】◎アドマイヤビルゴ、無敗突破でダービーを盛り上げてくれ! NHKマイルカップ2020予想 【NHKマイルカップ2020予想】◎サトノインプレッサの外差しが決まる!

合わせて京都新聞杯、NHKマイルカップの予想も公開していますので、こちらもお時間ありましたら、ぜひ参考にしてみください。

よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です