噂の爆売れゲーミングソファ座椅子を買って使ってみた

【皐月賞2021予想】◎アドマイヤハダルの走りに電流走る!

皐月賞2021予想

「ももいろクローバーZ 13周年記念コンサート」が5月16日(日)に幕張メッセで開催されることが決まった。

これはもともと今年1月に開催予定だったライブの振り替え公演になるのだけど、日程が正式に決まって本当にうれしい限りです。

なので今、切に思うことはどうにか予定通りに開催されてほしい、ということ。

というのも、ももクロちゃんの有観客によるライブ、イベントはこの1年、ことごとく中止、または延期に追い込まれてきた。もちろん、このコロナ禍の中、これは仕方ないことだし、人命、健康を考えたらどうしようもないことだ。

そんな中でも、ももクロちゃん、スタッフ陣はじっと耐えて、有観客ではない方法で懸命にできる限りのエンターテインメントを届けてきた。

そうして世の中の実情的にもようやく有観客によるライブも開催できる態勢が整い始め、今月3日、4日にはこちらも延期していたバレンタインイベントを無事に開催することができた。有観客による実に1年2カ月ぶりのイベントだった。

ももクロちゃんの本懐はなんといっても、ライブだ。最近では百田夏菜子さんが映画のヒロインとして出演したり、玉井詩織さん、佐々木彩夏さん、高城れにさんも数々のバラエティ番組に出演したりと、その活動の幅を広げているけど、彼女たちの魅力が100%以上の形で伝わるのはライブなのです。

だから、バレンタインイベントに続き、来月のコンサート、しかも結成13周年という節目の記念コンサート(ちなみにももクロちゃんの結成日は2008年5月17日)が有観客で開催されれば、これは本格的なももクロちゃんの“再始動”と受け取っていい。

でも、また関西地方で新規感染者が拡大し始め、関東その他の地方でも増加傾向。で、第4波が来ているから3度目の緊急事態宣言も……なんていうニュースが出ている。

あのね、この1年、国のえらい人たちはホント、何をやっていたのか?

過去2回の緊急事態宣言だって、確かに新規感染者は目に見えて減っていったけど、結局平時と何が違うのか、僕にはよく分からなかった。だから、いわゆる「まん防」と緊急事態宣言の違いもよく分かっていないし、仮に3度目の緊急事態宣言が出されたとしても、この1年間で起きたことと全く変わり映えしないだろう。

要するに緊急事態宣言下では一時的に新規感染者が減ったとしても、解除されたらまた増えてアタフタする。

こんな中途半端な、生かさず殺さずの政策をいつまで続ける気ですかね? わざとやっているんですかね? やるならやるで、徹底して厳しい施策を本当は最初からやるべきだったと思うんだけど、何かできない深い事情でもあるんでしょうか?

もし、これでまたエンタメ系の人を集めるイベントは全て中止しろなんてことになったら……でも、オリンピックだけはなんとしてでもやる、というのだからホント、あきれ果てますよ。

きょうは“アーリン”トンカップが行われたから久々のももクロちゃんネタで、明るいことを書こうと思ったけど、結局グチになってしまった。反省。

ももクロちゃんの今後の活動のためにも、国のえらい人たちにはもっとしっかりとした政策をとってほしいというだけなんです。

第81回GⅠ皐月賞 予想と見解

さて、今週は皐月賞です。

桜花賞以上の大混戦という下馬評ですが、それもこれも2歳王者ダノンザキッドが弥生賞で3着に負けてしまったのが全ての原因。もし、ダノンザキッドが問題なく弥生賞を勝っていたら逆に「1強」とかになっていたんだろうなと思うと、競馬の人気というのはなかなかに危うい“世論”ですね。今さらながら。

ただ、見方を変えれば、その1敗だけで王者の評価が危うくなるということはつまり、その他のライバル勢がとても魅力的に映る、ということでもある。

かくいう僕も「今年の皐月賞はどうしたらいいんや……」と悩んでいたところ、直前のあるレースを見て、ビビビッ!と来ました。「その時、カイジに電流走る……!」的な感じで。

そのレースこそ若葉ステークスであり、勝ち馬のアドマイヤハダルです!

あの勝ちっぷりは文句なしに強かった。相手関係を見ても、0秒5差の2着に負かしたシュヴァリエローズはホープフルステークスでダノンザキッドから0秒6差の5着。ここからの能力比較で見てもダノンザキッドと互角以上にやれるだろうし、2走前のエリカ賞では素質馬と評判でこの皐月賞でもダークホースと見られているディープモンスターを負かしている。

血統面も見てみよう。父ロードカナロア、母父ディープインパクト。母系をたどれば祖母タバサトウショウ、3代母サマンサトウショウと連なり、この一族からはあのスイープトウショウが出ている名門。GIで戦える血統と言えるでしょう。

加えて、鞍上がクリストフ・ルメール騎手である。1枠1番はちょっと内すぎるきらいがあるけど、この名手ならなんとかしてくれるはずです。

ただ、これを書いている時点(土曜15時)で単勝3番人気。ちょっと人気しすぎている感じがするんですよねぇ。そこだけが心配だ。

皐月賞の予想と買い目

◎①アドマイヤハダル

○⑨ラーゴム

▲⑪ディープモンスター

△⑧ダノンザキッド

△⑤ヴィクティファルス

穴⑮グラティアス

馬単①⇔⑨⑪⑧⑤⑮

3連単①→⑨⑪⑧⑤⑮

AT

きょう10日(土)21時からムービープラスで『ジョーカー』が放映されるよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です