噂の爆売れゲーミングソファ座椅子を買って使ってみた

【皐月賞2022予想】◎ドウデュースは不当に低く評価されているのかもしれない

皐月賞2022予想

先週の土曜日に行われたボクシングの村田vs.ゴロフキン。

実は会場のさいたまスーパーアリーナまで見に行く機会に恵まれまして、行ってきましたよ。

「ももクロちゃんのライブ以外でたまアリに来ることなんていつ以来だろう? UFCジャパン以来かなぁ……」

なんて思いながら、ももクロちゃんグッズを装備しないでさいたまスーパーアリーナにいる自分に対して変な感覚になりましたが、試合は素晴らしかったですね。

戦前の期待値が高い試合はたいがい凡戦になってしまいがちだし、それは格闘技に限らず競馬でもそうなんですけど、みんなの期待値をはるかに上回る試合を見せてくれた両者には心からの拍手。

ついでに桜花賞の馬券も当たってくれたら最高の週末だったんですけど、現実はそう甘くはない。

◎サークルオブライフが4着に敗れ、これで大阪杯に続き本命馬が4着だからもうモヤモヤ感が凄い。どうせ外れるんだったら、18着に負けてほしいぐらいだ。

まあ、桜花賞の場合はスターズオンアースを一銭も買っていないから、サークルオブライフが2着に来ようが、1着まで突き抜けていようが馬券はハズレなんですけどね……

第82回GⅠ皐月賞 予想と見解

春のGIシリーズが始まってからというもの、高松宮記念の◎メイケイエール5着も含めれば、僕の◎は割と惜しいところまでは来ている。それだけに今週の皐月賞こそはスカッと仕留めたいところ。

そんな期待を込めて本命に推したいのは武豊ドウデュースだ!

弥生賞では「ま、キーファーズの馬だし信用ならん」てな感じで、無敗の2歳チャンピオンにも関わらず低く見ていたんですが、なんと僕の見る目のないことか……!

結果は2着だったとはいえ、競馬としては一番内容のあるレースをしており、むしろ敗れた中にドウデュースという馬の強さを見た(ような気がした)。

もちろん、怪物級の馬だったら決してスムーズではなかったあの展開でも勝ち切っていたのだろう。その意味では、ドウデュースは今年の3歳世代の中では抜けて強い馬ではないのかもしれない。

でも、どのようなレース展開になったとしても、自分の持つ能力をキッチリと出し切る精神力と肉体の強さを弥生賞では見せてくれた。これが並の馬ではなかなかできないことで、若い3歳馬ならなおさらのことだ。

この安定感こそが、紛れのある皐月賞では最も頼りになる長所ではないだろうか。

また、能力そのものについてもデビュー以来、見た目に派手な勝ちっぷりを見せていないことと、評判倒れに終わるのが常だったキーファーズの馬ということで、僕たち競馬ファンはドウデュースを不当に低く見ているのかもしれないですよね(いや、僕だけもかもしれないけど)。

そして、僕がドウデュースを推す一番の理由はほかでもない、武豊騎手の中間コメントにある。

これはウォーターナビレラがそうだったのだが、1週前からやけに景気のいいコメントを出しており、武豊騎手にしては珍しいなぁ、なんて思っていたら本番でも実に惜しい2着に来ていた。

ドウデュースに対しても前向きなコメントしか出しておらず、「何も言うことがない」と来たもんだ。クラシックで数多くの栄光を手にしてきた騎手をして「何も言うことがない」ということは、それはもう「勝てる」という意味に等しいと受け取っていいでしょう!

皐月賞の予想と買い目

◎⑫ドウデュース
○④キラーアビリティ
▲①ダノンベルーガ
△⑯デシエルト
△⑩ジャスティンパレス
穴⑬ビーアストニッシド
馬単⑫⇔④①⑯⑩⑬
3連単⑫→④①⑯⑩⑬

AT
AT

なんだかんだドウデュースは強かった――そんな皐月賞になることを期待していますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。