噂の爆売れゲーミングソファ座椅子を買って使ってみた

【宝塚記念2021予想】確実に脚使う◎カデナ、3着くらいなら来ていい流れが待っているぞ

宝塚記念2021予想

ちょっと前に、会社の後輩が手首から手の甲の半分くらいを覆うようなサポーターをつけていたので思わず、ナニソレ?と聞いてしまったことがあった。

曰く、腱鞘炎になりかけたのでサポーターをつけていたのだけど、治った後も仕事モードに気持ちを切り替えるスイッチ的な意味でずっとつけ続けるようになったとのことだ。

うん、いいことですよ。そうしたスイッチがあることは。

僕なんて始業10分前に目覚ましで起きて、どうにかPCの電源つけて、仕事開始メール出した後も1時間以上、なんだったらお昼休憩まで半分寝てるような感じでボーっとしてますもんね。

だから僕は感心して、

「つまりそのサポーターは、『オーバー・ザ・トップ』のリンカーン・ホークが腕相撲で本気出すときに、かぶっている帽子のつばをくるっと後ろに回すのと同じ意味合いなんやね」

と返した。我ながらこれ以上ない最高の返し方だと思った。誰だって、そうそう、そんな感じです、いやあ、上手いこと言うなぁ!と興奮して相槌を打ってくれるに違いない。

と思っていたのに、後輩の反応はすこぶる悪く「なんですか、それ? 知らないですよ」とそっけない返答と来たもんだ。

なんてことだ。『オーバー・ザ・トップ』のリンカーン・ホークを知らないなんて。帽子のつばを後ろに回すあの一連のムーブを知らないなんて!

ただのマッチョ映画じゃなくて、親子の絆を描いた感動の名作でもあるのに。道徳の必須科目でしょうよ……

オーバー・ザ・トップ<HDニューマスター版>Blu-ray
created by Rinker

なんて思っていたら、2日前のテレビ東京「午後のロードショー」で『オーバー・ザ・トップ』が放映されていた。僕はもちろん、正座して見た。だって、これが楽しみで今週は生きていたくらいだから。

そう、このような小さな幸せは大事にして生きていきたいんだけど、今週何があったかなぁ?なんて振り返ったら、『オーバー・ザ・トップ』やっぱり面白かったな……ってことくらいしか思い出せなかった。

そんな感じで特に最近は毎日、毎日、無感情のまま通り過ぎて行ってるような気がする。まあ、テレワークの引きこもり生活が1年以上続いているし、これだけ刺激のない日々を送っていたら、ドラフト上位指名されるくらい出不精な僕でもひょっとして鬱っぽくなっているのかもしれん。

仕事もことのほかツマランですし、社会にとって何の意味もない内容ですからね。毎日、毎日9時間も10時間も無駄な時間つぶしをしているようだ。ほんと、人生がもったいない。

第62回GⅠ宝塚記念 予想と見解

まあ、そんな僕でもやっぱり週末はウキウキするくらい楽しい。

なんと言っても競馬が面白いし、映画もゲームも思う存分楽しめる。(だから鬱っぽいというより、単なる怠け病なのかもしれないけれど)。

そして、明日は2021年上半期の総決算・宝塚記念だ。

メンバーを見渡すと、中心となりそうなのが牝馬3頭。エリザベス女王杯じゃなくて宝塚記念が牝馬頂上対決になるんだから、時代の移り変わりというのは恐ろしい。

同じ男の立場からすれば、もうちょい牡馬頑張ってよ!と応援したくなるんだけれど、そんなことを声高らかに言うとまた、リベラル系の意識高い人たちが「男女差別!」とか言うんだろうか?

まあ、別にこんなブログ誰も読んでないだろうから、どうでもいいですが。

というわけで、今年の僕の上半期の夢は7歳の牡馬、カデナです!

2走前の大阪杯では後方からジワジワと脚を伸ばして6着、前走の安田記念でもインからひっそりと差し込んで0秒5差の6着と、ここ2走のGI戦は決して悪い内容ではない

自分の脚だけは確実に使える安定した出来にあるのだろう。要は相手次第というよりも、流れ次第。つまり、ちょっとした展開のアヤ一つで上位に突っ込んでも不思議はない。そんな馬です、カデナとは。

で、その肝心要の“流れ”なのだけど、どうしても逃げたい馬は不在。最内ユニコーンライオンと、大外キズナの出方次第でいくらでもペースは変わりそうではありますが、他馬がどうあれ自分のスタイル、ペースを崩さないであろう馬が有力馬の中に1頭。そう、レイパパレですよ。

これまでの競馬を振り返っても、まず今回も先行好位の立ち回りをするでしょう。これは間違いない。

ただ、これまでと違うのは他馬からのマーク。大阪杯をあれだけの衝撃的な内容で勝ったからには、もう道中で手加減されることはない。この馬に気分よく行かせてはマズイ、とライバル陣営も分かっているので早めに潰しに行くでしょうし、じゃあレイパパレもおとなしくしているはずもなく、これらの動きに対抗していく。すると、どうなるか?

ペースは必然的に前がかり。レース後半は特に流れが激流になっていくはずだ

そうなれば前にいる馬、早めに仕掛けていく馬は最後がつらくなる。そこでゴール手前100mからカデナの出番だ。道中死んだフリでタメ込んだ末脚が、阪神の直線坂上で爆発!という画がもう僕には見えているのです。

まあ、1着なんて贅沢なことは言いません。3着でいいんですよ、3着で。

宝塚記念の予想と買い目

◎⑧カデナ

○⑨アリストテレス

▲⑦クロノジェネシス

△②レイパパレ

△⑬キセキ

穴⑪モズベッロ

馬単⑧⇔⑨⑦②⑬⑪

3連複⑧-⑨⑦②⑬⑪

AT

きょう10日(土)21時からムービープラスで『ジョーカー』が放映されるよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です