噂の爆売れゲーミングソファ座椅子を買って使ってみた

【七夕賞2021予想】ミルコ53㎏――ただそれだけの理由で◎ロザムール!

七夕賞2021予想

ついさっきまで、CSのムービープラスで『ジョン・ウィック:チャプター2』を観ていた。

ジョン・ウィック:チャプター2
created by Rinker

何度も言ってますけど(いや、このブログではたいして言ってないかもしれないけど)、僕、『ジョン・ウィック』シリーズが大好きなのです。

んで、今年は年明けからずっとリモートワークで社外の人と全く会わなくなったことをいいことに、散髪に行かずにずっと髪を伸ばし続けている。

だって、ジョン・ウィックみたいになりたいんだもん。

おかげで髪の毛はだいぶ伸びてきたし、ジョン・ウィックに近づいてきた。と言っても、やっぱり半年以上も髪を切らないでいると、特に後ろ髪が大変なことになってしまった。

まあ、ちょうど今週、社外の人に仕事で会わなきゃいけない用事ができてしまったので、先週末に散髪に行ってきたんですけどね。とりあえず、前髪や上の方はあまり切らずに、ボサボサになっていた後ろ髪だけ整えてもらった。

よし、これでまた一歩、憧れのジョン・ウィックに近づいたはずだ。

いえ、ね、分かってますよ。顔とか身長とかスタイルとかのビジュアル面でジョン・ウィックに近づくことなんて絶対無理だって。だから、せめて髪型だけでも近づきたい……!

そんなおじさんの小さな、ささやかな夢なんですよ。

第57回GⅢ七夕賞 予想と見解

ジョン・ウィックは最強のブギーマン、必ず最後までやり遂げる男、伝説の●し屋……などなど、いくつもの通り名を持っているが、中でも有名なのが、たった1本の鉛筆(ファ●キン・ペンシル)で3人を●したという逸話。

僕も握りしめた赤ペンで3場メイン3レースとまで言わなくても、せめて1レースは仕留めたい。

というわけで、福島メイン・七夕賞はロザムールで勝負!

これを書いている今週金曜は久々に仕事がクソ忙しく、こりゃあ、ちょっと休まな熱が出てしまうぞと思って夕方ごろ、気分転換とばかりに七夕賞の出馬表を眺めていた。でも、あまりの混沌、カオスっぷりに余計に熱が出そうになった。

それくらい、今年の七夕賞は……いや、今年の七夕賞も大混戦だ。だが、それがいい。これでこそ、夏競馬のローカル重賞よ。

と言って、激走穴馬がバシッと分かればいいんだけど、結局何も降りてこなかったので、ここはもう単純にハンデ戦の特性である斤量を中心にモノを考えた。

そこでロザムールなのだ。

なにせミルコが53㎏で乗る。これだけでもかなりの勝負気配、本気度を感じませんかね?

馬自身も前走の福島牝馬Sは大敗しているけれど、2走前の中山牝馬Sは2着、3走前の中山金杯は4着と、いずれも重賞で好走。そして、好走した2レースはハナ、大敗した前走は2番手からの競馬と、これまた分かりやすいくらいに敗因がハッキリしている。

その点、今回は逃げるにはちょうどいい1枠2番。中山牝馬S、中山金杯での好走を考えれば、スンナリとハナを切ることができれば激変があっていい。

まあ、こういう時に限って、前に行きたい馬がほかにもそろっているのが気になる点ではありますが……

七夕賞の予想と買い目

◎②ロザムール

○⑯ヴァンケドミンゴ

▲⑥ショウナンバルディ

△⑩クラージュゲリエ

△⑨クレッシェンドラヴ

穴①マウントゴールド

馬単②⇔⑯⑥⑩⑨①

3連複②-⑯⑥⑩⑨①

AT

きょう10日(土)21時からムービープラスで『ジョーカー』が放映されるよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です