噂の爆売れゲーミングソファ座椅子を買って使ってみた

【天皇賞・春2022回顧】型にハメれば現役最強かも…タイトルホルダーは宝塚と言わずに欧州遠征してほしい

天皇賞(春)2022回顧

天皇賞・春は横山和生騎手が騎乗した2番人気タイトルホルダーが、逃げて7馬身差の圧勝。菊花賞に続くGI2勝目のタイトルを手にしました。

タイトルホルダー号、これが自身初のGI勝利となった横山和騎手、栗田調教師はじめ厩舎スタッフ、牧場スタッフ、オーナーほか関係者皆さま、本当におめでとうございました!

エフフォーリアすらも凌駕する?

いや、強かった。もうその一言だけですね。

僕がエラそうに回顧することなんて何もない。5馬身差で快勝した菊花賞に続いてこの競馬ですからね。“後続を離してマイペースで逃げる”という自分の型にさえハメてしまえば、エフフォーリアすらも凌駕する現役最強馬なのかもしれない――素直にそう思ってしまいましたよ。

3度目の騎乗となる横山和騎手も、タイトルホルダーという馬の特性を完全に手の内に入れているような手綱さばきでした。発馬から絶対にハナは譲らないという姿勢、つまり最初の一完歩目から出していく逃げの一手を打ちましたが、これ、3200mのレースでは結構勇気がいることだと思うんですよ。

つまり、あまりテンから出していくと引っかかってしまう恐れもあるわけで、そうなってしまったら、いくら菊花賞馬でも後半がつらい。まして、後ろにはディープボンドが狙いを定めているわけですから。

でも、勝利後のインタビューでジョッキーが語っていたように絶対的に折り合う自信があったようで、タイトルホルダーも鞍上のその信頼に見事に応えるパフォーマンスでした。

まさに人馬一体。いいコンビですね。

この競馬をされては他馬はどうやっても勝てない

ペース、ハロンごとのラップを見ても、前半の1200mまでは11秒9~12秒0のラップを踏み、1000m通過が60秒5、1200m通過が1分12秒4と、やや重馬場を考えればやや速めペースで後続を突き放していく展開。そこから中盤の1000mは13秒台のラップも織り交ぜながら63秒5と、最初の1000mより3秒も遅いペースに落とし、後続をギリギリまで引き付けた。

この時点では、最後は馬体を並べての叩き合いになるかなと思ったものでしたが、ここからのタイトルホルダーが凄かった。中盤の1000mで溜めに溜め込んだ脚を最後の1000mで再び爆発。12秒0-11秒9-11秒5と加速していき、トータルでは最初の1000mよりも速い60秒3でまとめ上げた。

タイトルホルダーの上がり3ハロン36秒4はメンバー最速。上がり2位の4着ヒートオンビートが37秒0で、2着ディープボンドが37秒1だ。逃げた馬が後ろに控えた馬よりもこれだけ差のある上がりを使うのだから、そりゃ、後続勢としてはひとたまりもない。

タイトルホルダーにこれだけの競馬をされては、何をどうしたって、他馬に勝つ見込みはなかったと思います。

中距離戦でも同じような競馬はできるか

さて、こうなると、じゃあ2000~2500mのGIではどうなんだ? ということ。

皐月賞2着があるとはいえ、昨年の有馬記念5着は菊花賞のパフォーマンスを考えれば物足りなかったのも事実。ただ、あのレースはパンサラッサが逃げて、タイトルホルダーは控える2番手からの競馬だった。パンサラッサがかなり速いペースで飛ばしただけに、あれのハナを叩こうものならそれこそ掲示板すら確保できない自滅ペースになっていたはず。また、横山和騎手が初騎乗だったことも考慮すれば、仕方ない結果だったかもしれない。

一方で、これまでの結果を振り返れば、タイトルホルダーが最も能力を発揮できるのは、やはりレース途中からでもハナを取り切ったとき。

3000mを超えるレースであれば、タイトルホルダー以上に飛ばしていく馬なんてそうそういないからペースも作りやすいと思いますが、2000m台のレースになれば、それこそパンサラッサのようにタイトルホルダーよりも速いラップを踏んでハナを主張する馬も出てくる。

そうなったときに、タイトルホルダーと横山和騎手はどのような手を打つのか?

その答えを確かめるためにも、次の宝塚記念はものすごく楽しみなレースになってきました。

ロンシャンでハナを切るタイトルホルダーを見たい

いや、もしタイトルホルダーの好走条件が絶対ハナであるならば、すんなり逃げられる保障のない宝塚記念よりも一足飛びに欧州競馬にチャレンジした方がいいかもしれないですね。

だって、欧州にはタイトルホルダーよりも行こうと思う馬はいないと思いますし、タイトルホルダーが行く気になればマイペースでハナをとれると思うんですよね、たぶん。

なので、宝塚記念の結果を見てから……と言わず、もう今からでも欧州遠征のプランを進めてほしいなぁと、個人的には思うわけです。

今回の天皇賞・春のように、ロンシャンで後続を5馬身以上引き離して逃げるタイトルホルダー。想像しただけでもワクワクですよ。

AT
AT

いや、チーム戦を仕掛けてくる欧州競馬のことだ。タイトルホルダーを潰すためだけのラビットを用意してきそう……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。