噂の爆売れゲーミングソファ座椅子を買って使ってみた

【ヴィクトリアマイル2021予想】今年もリピーターの出番!◎サウンドキアラの差しが届く

ヴィクトリアマイル2021予想

きょう5月15日(土)から30日(日)まで東京競馬場の開催は、事前に指定券を購入した人に限り入場できるという。

これによりヴィクトリアマイル、オークス、日本ダービーは、お客さんの目の前でレースができるということだ。

これはめでたい。

昨年はせっかくアーモンドアイが爆走し、コントレイル、デアリングタクトという2頭の無敗二冠馬が誕生した5月の東京開催だったのに、寂しい無観客でしたからね。

それに何より、やっぱりダービーですよ。日本競馬界で最も権威あるレースですから、その晴れ舞台は例え少数だろうとお客さんの目の前で開催してほしいもの。今年はそれがどうにか叶いそうなので、ファンとしては素直にうれしいです。

一方で、ちょっとした心配もある。

政治家、医師会の立場だけはエライ連中たちがかましている無能ムーブや、一般の人たちを舐めきっているとしか言いようがない言動のために、人々のイライラが頂点に達しようとしている。

そんな世の情勢の中で「競馬は有観客を認める」となると、え、じゃあ映画館とか博物館、美術館、演劇、音楽ライブはなぜダメなの? 子供たちは運動会、修学旅行、遠足を我慢しているのに、なぜ薄汚いギャンブルはOKなの?なんて言われてしまう可能性がある。

いや、すでにそういう声はネットでもチラホラある。

そうですよね。「家で自粛しとけ」と上から目線で命令しておきながらパーティーを開いていた医師会の会長とか、ゴルフに行ってたどこかの県知事は「しっかりと感染対策していたから」って、自らの行動を正当化してましたもんね。

だったら、僕らもしっかり感染対策していれば、競馬はもちろん、映画とか演劇とか、運動会、遠足とか行ってもOKですよね。

僕も競馬と同じくらいにエンタメ、サブカルが好きだし、国のエライ連中の無策・無能ぶりによりまたもや、ももクロちゃんのライブが延期に追い込まれたことが、本当に許せない。

だから、競馬への入場再開を喜ぶ一方で、なぜエンタメ・文化系イベントがいまだ自粛を強いられるのかと不満に思う人たちの気持ちも十分わかるのです。

エンタメ界隈の方たちに1つ、競馬ファンとして言い訳がましいことを言わせていただけるのならば、競馬場は結構広いので十分すぎるくらい十分なソーシャルディスタンスを設けることはできます。クラスターは防げます。

なので、もし、この状況の中で競馬場で叫んだり、大騒ぎしているようなバカがいたら、その時にはJRA職員の皆さん、そいつを問答無用でつまみ出して、永久に出禁にしてやってください。

どうぞよろしくお願いします。

そして、良識ある競馬ファンの皆さん、もし東京競馬場へ行く幸運に恵まれたならば、節度ある行動を心がけてください。

どうぞよろしくお願いします。

第16回GⅠヴィクトリアマイル 予想と見解

今週はヴィクトリアマイル。

昨年のアーモンドアイに続いて、今年もまた最強マイル女王が参戦することになった。皆さんご存知のグランアレグリア。

彼女の実力、実績からしてここに出るのは反則でしょう、って感じですが、馬券を買う側、特に穴を狙うスタンスとしては、混戦よりも一本かぶりの馬が出ていた方が大穴にありつける、と考えるものだ。

つまり、1頭に人気が集中してオッズが偏る分、その馬が飛んだら……?

そういうことなんですよ。

まあ、一番の問題はグランアレグリアほどの馬が得意のマイルの舞台で、同じ牝馬同士に負けるか?ということなのですけど、そこは穴党らしく都合よく考えていきましょう。

まず、前走の大阪杯。ほぼ現役最強メンバーと言えるハイレベルの中、初の2000m、しかも道悪というタフな条件で4着はよく頑張ったと思います。ですが、このキツい消耗戦を走りきった後の中5週。出来は戻っているのか? 疲れはないのか?

そして、ヴィクトリアマイルの後は安田記念を狙うのか、それとも秋に備えて休養するのかは分かりませんが、いずれにせよここは目イチではなくて、お釣り残しのはず

そんなことを考えると、ここは取りこぼしがあって不思議はないように思えてくるんですよね。つけ入る隙はある、と。

まあ、終わってみればかつてのウオッカ、昨年のアーモンドアイみたいな爆勝のような気もしますが、今は考えないでおきましょう。

で、そんな無理やり妄想したグランアレグリアの隙に誰がつけ入るのかといえば、それはもうサウンドキアラしかいないでしょう!

昨年のヴィクトリアマイルではアーモンドアイにちぎられましたが、一方では一昨年の勝ち馬ノームコアを封じて2着好走。GIでも勝ち負けできる地力があることをアピールしました。

その昨年は重賞3連勝を経ての参戦でしたので、当時と比べると確かに『勢い』という点では見劣る。でも、2走前の阪神カップ4着、前走の高松宮記念は初のスプリント戦ながら0秒4差6着と大きくは負けていない。着実な復調気配を見せているのです。

そんな上昇ムードの中で迎える実績のマイル戦。何より、ヴィクトリアマイルはリピーターの好走が多いんですよ。ここ5年を見てもストレイトガールとかジュールポレールとか、前年より着順をアップして勝ってるでしょ?

また、展開的にも前へ行きたい馬がそろっており、NHKマイルカップ同様に差しが生きる展開になる公算は高い。末に威力のあるサウンドキアラにとっては、おあつらえ向きの流れが待っている。

さらに付け加えれば、松山騎手にしても、隔離期間が明けて「さあ、久々の日本競馬だ」と思っていたら愛馬デアリングタクトが戦線離脱の不運。それだけにこのレースにかける思いはますます強くなっているはず。

これはもう、走るしかないですね。

ヴィクトリアマイルの予想と買い目

◎⑫サウンドキアラ

○⑥グランアレグリア

▲⑱レシステンシア

△①マジックキャッスル

△⑤デゼル

穴②シゲルピンクダイヤ

馬単⑫⇔⑥⑱①⑤②

3連複⑫-⑥⑱①⑤②

AT

きょう10日(土)21時からムービープラスで『ジョーカー』が放映されるよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です